吉田美保子のsomeoriノート

Thursday, 8 December 2016

その後の話しのつづきの話し。

image1.JPG

先日、個展のその後の話しとして、メールを介して、いくつかご縁をいただいたという話しを書きましたら、反響いただき、またいくつか新たなご縁をいただきました。なんとまあ、驚きであり、感謝であります。

そのお一人が、上の写真のお方です。すぐに身につけて、写真を撮って送ってくださいました。めちゃカッコイイよね!

メールのやり取りをさせていただき、詳しい説明をさせていただいて、お決めいただいたことも、とてもうれしかったです。感激のご返信もいただいてます。うるうる。ショールの写真、別カットなど数枚お送りしたあと、

「気に入りました。もしたくさん並んでいたとしても、これを選んだと思います。」

とお返事くださり、さらには、お納めしたあと

「思った通り、この陣羽織は私のために残っていたんだと思います。これで名古屋を闊歩しますね。」

とメールくださいました。きゃー!最高!

このお方、清正公の生まれ故郷、名古屋にお住まいなのです。清正公の陣羽織、里帰りデビュー!どうもありがとうございます!


もしよかったら、下の3点の陣羽織ショール、手元にございます。お問い合わせいただければ、詳しくご説明いたします。お値段は、45,000円から55,000円(税別)です。売り上げの10%を熊本城復旧支援金に寄附いたします。

(追記、一番上のオレンジのショール、ご約定となりました。ありがとうございます!)

P1190093.jpg

P1190105.jpg

P1190096.jpg

また、この他に、和の國さんのネットショップにもございますので、あわせてよろしくお願いします。