吉田美保子のsomeoriノート

Monday,10 April 2017

睦月さまと、一回めの打ち合わせ

IMG_1504.JPG

睦月さまと、「三角・吉田」で再会しご注文をいただいてから、1年と2ヶ月ほど経ちました。やっと当方のスケジュールも見えてきたので、睦月さまにご連絡。お忙しく飛び回っていらっしゃるのをキャッチすることができました。今年の1月の末のことです。

青山一丁目のカフェで待ち合わせです。私は、事前のメールのやり取りで、睦月さまがお好きだと言ってくださった過去作品の資料を持参しています。お作りするのは、帯となりましたので、織見本とか、プリントアウトとか。(上の写真です)

一年数ヶ月振りの睦月さま、いきいきしたきれいなパワーが伝わってきます。いいなあ。

で、早速に仕事の話。

睦月さま、一枚のきれいな布を示されました。使われている色は、黒と青と茶色とベージュです。この色使いがお好きだと。この色味で作ってくれないかと。なるほど、なるほど。

無地っぽいお着物に合わせて、普段使いとしてバンバン締めたいと。

布の表情はあったほうがよく、かつ、「きちんと感」は欲しいと。

了解しました。さあ、それではどうしましょう。悩む時間はたっぷりあります。2回めの打ち合わせはずいぶん先になりそう。遠方にすむ睦月さまのご上京のタイミングをキャッチしなくちゃなのでね。