吉田美保子のsomeoriノート

Thursday,22 June 2017

睦月さまからお返事

IMG_1741.JPG

織り見本をお送りした睦月さま、すぐにメッセージを下さいました。

やはり、実物見ていただいて、よかった!いろいろ分かってきました。

まず、織り幅、見本は8寸ちょうど(30.3cm)でしたが、ご希望は8寸2分(31cm)とのこと。八寸帯ですから、これは大事です。
緯糸は、未精練のきびそ糸、精練済みのきびそ糸、和紙の糸でご提案しましたが、そのうち未精錬のきびそ糸が、風合いが好きでご希望とのこと。しかし、張りがあるからおタイコの形がふんわりしてしまうかしら、、、、とも。

それから、実はびっくりしたのですが、何と、裏の色合いがお好きだと。

えっ!

IMG_1974.jpg

それで、メッセージをやり取りし、

まず、布幅を8寸2分にすること、
緯糸には未精錬のきびそ糸を使うけど、張りが出過ぎないように、できるだけ細めの糸を選ぶなどすることで対処すること、

をお伝えする。

布の裏と表については、実はこれ、表も裏も決まりはなく、私が裏と紹介した方を表にしてくださって、全く構わないこと。実は私自身も、試しの試しをやってる時は、逆のつもりだったのですが、今表としている方が、ツヤがあるし、色も出るので、お好きかと思ってご提案したにすぎないことをお伝えする。

そうしたら、裏となってる方の、ざらっとした光沢のない方の風合いがいいとのこと。

そっかーー。ツヤがある方が好まれるに違いないって、思い込みだったなあ。固定概念、打ち破ってくださって、ありがとうございました。

では未精錬のきびそ糸で、裏表を逆にして、もう一度試し織りをやって見て、またご相談しますね。ちょっとお時間いただきます。乞うご期待!