吉田美保子のsomeoriノート

Saturday,24 June 2017

きおさまの経糸

IMG_0061_2.jpg

完全注文制作 only only きおさまのお着物の制作ストーリーを進めましょう。経糸の色が決まりましたので、まず、座繰り糸を一綛と真綿紬糸を一綛、染めてみました。きおさまが選ばれた色見本の色を参考に。

こんな感じか?むむ?鮮やかすぎ?緑すぎ?

きおさまに画像をお送りすると、実物を見てみたいとのことで、早速お会いすることになりました。

IMG_0065_2.jpg

きおさま、私の最寄の中央林間駅までお越しくださいました。

「ヨシダさんのうちに行っちゃうと、楽しくてつい長居しちゃうから」というご配慮。あら、まあ、いいのに。すみません。

駅ナカのカフェに行こうかと思ったけど、ふと通りの向こうを見ると、ターリーズのテラス席が気持ちよさそう。そこがいい。今日はぜひとも自然光で見ていただきたい。爽やかないい天気だしね。で、テラスの丸テーブルに陣取り、カフェラテをいただき、糸をお見せしました。

きおさま、すぐに、この色でオッケー、とおっしゃいました。

ひょ?いいの?調整するけど。。もう少し、青磁色にしましょうか?

きおさまは、この色でいいと。前回お見せしたデッサン、気に入ってるので、この色をベースに、きれいな、くすまない、緑、黄緑、黄色、茶色で織って欲しいと。

なるほど、きれいな色ね。

きおさまは、スマートフォンに保存してある、数々の着物姿の画像を見せてくださいました。次々見せていただいて、私は思い至りました。そっか、きおさま、お着物、たくさんお持ちなのだ。もうすでに、おとなし目のや、落ち着いた色のは、たっぷりあるのだ。だから、これから新しく作る一枚は、似たようなものを作っても仕方ない。思い切り、澄んだきれいな色のを作ればいいのだ。