吉田美保子のsomeoriノート

Monday,25 July 2016

あおさまにお返事

1322028518_3.jpg

「すてきだと思いますよ。」

あおさまからのメールに、まずはそうお返事した。ブルーホールの画像を見ていたら、こんな色の着物を着たいって気持ち、分かる気がした。

たしかに、ウルトラマリンの着物ってみない。特に織りの着物では全く記憶にない。どこに着ていくのとか、格はどうなのとか、ウザいことは考え出したら、きりがない。

気になるのは、あおさまにとって、一枚目の着物となるってことだ。一枚目なら、もう少し合わせやすくどこにでも来て出掛けられる方が、普通はおすすめだ。淡い色の方が着やすいと思う。

しかし、簡潔なキリッとした文章から、「普通は」とか「一般的には」とか、そういうものを求めていらっしゃるわけではないんだろうなってことも伝わってきた。

それで、

「好き」「この色の着物を着たい」ってことを第一に考えていいと思いますよ。

とお返事した。

もしも絵羽仕立てにするのであれば、白や薄いグレーのベースに、碧を入れるってのも考えられる。そうすると、ちょっと正式っぽくもなる。可能性はいろいろなのだ。

*写真はネットで見つけたファインドトラベルさんのサイトからお借りしました。

Sunday,24 July 2016

あおさま、スタート

04272.jpg

さあ、新しい only only をはじめましょう。今回の主人公は、「あおさま」です。あおさまの「あお」は「碧」。青でも蒼でもありません。深く美しい海の碧です。

あおさまが、はじめてメールをくださったのは、1年とちょっと前の、6月の14日のことでした。

そこには、ご自分が着物の初心者であること。色にこだわりがあること。ご友人のすすめで、紬がいいと思ってらっしゃることなどが、簡潔に書かれてました。

お好きな色は「碧」。「ウルトラマリン、あるいはそれに近い色」。イメージは、「ベリーズのブルーホール」とあります。

ほぉ、ベリーズ、、、、どこだっけ??カリブ海?ブルーホールって、えっと、、、、。早速検索する私。

うわあ!だーっと現れる、碧い画像にひきこまれる。地球上にこんな所があるなんて。

あおさまのメールは、「碧い海のような着物が欲しいのですが、紬の着物で、ウルトラマリンはどうなのでしょう、あり得るのでしょうか」「色を優先した場合、どういう着物が考えられるのでしょうか」とお聞きです。

*写真はブルーホール画像ギャラリーから拝借。これぞ碧だねえ。この目で見てみたいものだ。

Sunday,17 July 2016

京都

IMG_8810.JPG

もう一ヶ月も前のことになるのだけど、6月にちょっと京都に行ったので書いておこう。

IMG_8827.JPG

母と叔母と。桂離宮と修学院離宮に行こうと、計画した。

IMG_8844.JPG

離宮の見学申し込みは3月のこと。ホテルの予約も早々に。

IMG_8857.JPG

その後、思いもしない熊本の大地震。世の中ひっくり返ったかと言うくらいの衝撃だった。

IMG_8864.JPG

一時はこの京都旅行もキャンセルかとよぎったが、母にとっても、ちょうどいい気分転換になった様子でよかった。

IMG_8878.JPG

当日は、京都駅で待ち合わせ。それぞれ新幹線で。熊本からさくら号の母、名古屋経由のひかり号の叔母。新横浜からのぞみ号の私。京都って便利。集まりやすい。ほんと、日本の真ん中なのねえ、、

IMG_8888.JPG

京都駅から乗ったタクシーを、修学院離宮で降りるとき、助手席に乗った私がお金を払いながら、「うるさくてすみません」って言ったら、運転手さん、「いえいえ、ウキウキが伝わって来ましたよー」って。

IMG_8897.JPG

そうですね。ウキウキしてました。久しぶりに会う、おんな3人、平均年齢66歳。

IMG_8904.JPG

京都っていいなーって思いました。見るところいくらでもあるし。桂離宮、めちゃくちゃ、よかった。(写真、上から12枚目まではすべて桂離宮です)

あと、「ギア」ってお芝居がよかったな。三条通の古いビルに専用劇場が出来てて、ロングランやってるのだ。マイムやブレイクダンスなどなど、パフォーマンスがすごいのだ。人間ってすごいなー、若いっていいなーって思った。(あ、おばちゃん発言してしまった)

IMG_8907.JPG

あとよかったのは、母と叔母と別行動で、一人でささっと行って来た、一乗寺の恵文社という本屋さんと、木嶋(このしま)神社、別名蚕の社。本屋と神社だからぜんぜん違うけど、どちらも、「うわっ」って感じですごかった。すごいところって、空気が違うんだよね。

IMG_8913.JPG

養蚕や織物の神さまである、蚕の社で、おみくじをひいた。「小吉」であった。教えの欄に「仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。」とあった。粛々と努力しよう。

IMG_8915.JPG

思ったけど、私、もしかして、純粋に観光で京都に行ったの、はじめてだったかもしれない。

高校時代の修学旅行を皮切りに、京都にはずいぶん行ったけど、観光とは言いがたいものばかり。30代前半にやってた仕事では京都でのイベントを担当したから、よく通った。他にも、展示会を観にとか、友人知人をお訪ねして、、、などなど、何回も行ってはいるのだけど、観光客ではなかった気がする。

今回、私、京都観光客デビューしたのだろうか?

IMG_8973.JPG

この写真は銀閣寺。スリーショット、見えますかー。

IMG_8987.JPG

この写真、遠くに大文字が見えますね。老婆二人が登るのは吉田山。


Saturday,16 July 2016

お納め

IMG_9332 2.jpg

こうさまの、「大麻だけで織った作務衣、一式」、お手紙を書いて、4枚の布の説明書を書いて、縫い糸にする大麻糸をつけて、ゆうパックにて、お納めしました。

IMG_9387 2.JPG

ほどなく、こうさまから、お礼のお電話いただきました。

「ええのん、作っていただきまして、、、」
「上着の布と、ズボンの布がちょっと違うのがええね。ズボンの方は滑らかで履きやすそうやわ。」

声が明るく感じられてホッとしました。
ずーっと、ずーっと心配していたお仕立ても、ご友人が引き受けてくださるそうで、本当に安堵しました。ああよかった。

今回の布は、経糸も緯糸も、赤茶と藍の、一本交互で織っている。それって、表裏がないようで、微妙にあるのです。藍が強く出る方と、赤茶が強く出る方。そんなお話もしました。お仕立てのとき、ご一考願えれば。

こうさま、お仕事で時々上京されているよし、ぜひぜひ、お会いしたいです。できれば、この大麻だけで織った作務衣をお召しになって!その日を心から楽しみにしています。

Sunday,10 July 2016

大麻だけで織った作務衣にする布、一式

P1170231.JPG

こうさまの only only、完成したよ。

P1170211.JPG

大麻の布、4枚。

P1170240.JPG

タイトルも、ずばりそのまま「大麻だけで織った作務衣にする布、一式」です。

P1170267.JPG

作務衣の上着にする布、遠景。

P1170269.JPG

作務衣の上着にする布、近景。

P1170268.JPG

作務衣のズボンにする布。

P1170263.JPG

ベルトにする布。

P1170298.JPG

紐と内ポケットにする布。このようにたたんで紐にする。


Friday, 8 July 2016

仕上げ中

P1170007.JPG

こうさまの作務衣、さあ仕上げますよ。上の写真は湯通しです。糊と余分な染料を落とします。

P1170053.JPG

きれいになったら、次は整えて乾かします。張り手の針の上に、布を置いて行って、、、、

P1170013.JPG

ギュっと閉じると、針がグサっと刺さります。

P1170016.JPG

ロープを掛けて、

P1170060.JPG

張ります。

P1170085.JPG

さあ、張れた。こんな感じ。梅雨時期は乾かんね。

Wednesday, 6 July 2016

おまけの布(でも一番やっかい)

IMG_9164.JPG

こうさまの only only、作務衣の本体、終わった〜。メインは終わったのだけど、もう一枚、織るのだ。それは、紐とポケットの布。

こうさまからのご注文は、作務衣の布とベルトにする布。さらに、縫い糸も大麻にしたいから、糸も分けて欲しいとのお申し出があった。

それは了解したけど、あとで考えて、「見頃を合わせる紐と、ポケットもいるかな?その布はどうするの?」と思い至った。作務衣本体の布じゃ、固すぎるでしょ?

普通は綿布を使うと思うけど、縫い糸さえ大麻をご希望のこうさまだ。大麻がいいに決まってる。

よし、じゃあ織るか。

IMG_9175.JPG

用途が紐とポケットだから、あくまで実用。薄くて強い布。

IMG_9188.JPG

それで、この布、経糸すべて単糸にしました。経糸が単糸って、織りをやってる人が聞いたら、「ヨシダ、ようやるわ」って言われるんじゃないか?説明が難しいから端折らせていただくけど、植物系の繊維の(綿や麻ね)、単糸の糸って、経糸にするの、難しいんです。糸がね、スーッと抜けるの。溶けてなくなるみたいに。

だから、避けて通りたいんだけど、怖いもの見たさでやってしまう。

まあ、苦労したけどね、織れたぜ!

Tuesday, 5 July 2016

作務衣の上着にする布

201607051.JPG

はい、お次は作務衣の上着にする布、織ってます。パンツにする布と、見かけはほとんど変わりません。

201607152.JPG

何が違うかっていうと、経糸の密度が、一寸につき一本だけ少ないです。
それから、緯糸、手績みのヘンプのみで織ってます。経糸がほんの少々粗いことによって、緯糸の表情がほんのちょっとだけ、よく顔を出します。

201607053.JPG

そのほんのちょっとの違いを大事にしたい。雰囲気とか、風情とか、言葉にしにくい味とかね。そこからしか生まれないと思っています。

こうさまのお望みの「野武士」は、ここで表現したかった。

Monday, 4 July 2016

作務衣のパンツにする布

P1160937.JPG

ベルトの次は、パンツにする布を織っています。緯糸は、手績みのヘンプを2に対して、紡績の双糸を1の割合で入れることにしました。これは、より丈夫な布にするため。

パンツは、上着に比べ、お尻の部分や膝の部分に、体重がかかります。布の負担が大きいのです。ですから、特に、丈夫な布を織らねばなりません。糸の選択もそのためですし、筬目も密です。筬打ちも、特にしっかり3度打ち。

P1160939.JPG

上の写真は、織り機のうしろの部分。経糸、こうしてみると、面白いねー。

IMG_8620.jpg

緯糸は、上の写真のように、すっかり水につけて、湿らせて織ります。ぬれ緯というのだけど。いろんな工夫で、しっかりした布を織ります。

Sunday, 3 July 2016

織る、機上げ、織る、機上げ、、、

IMG_8383.JPG

こうさまの大麻の作務衣、まずはベルトが織り上がりました。経も緯もぎゅうぎゅう。すごく目を詰ませてる。しなりがよく、締まるベルトをねらってる。

IMG_8534.JPG

さあ、次に取りかかりましょう。

織りの仕事は繰り返しです。

整経して、仮筬して、巻き取りして、綜絖通して、筬通しして、織り付けして、、、、。上の写真は綜絖通し。

IMG_8535.JPG

繰り返しだけど、前回よりも少しでも、きれいに、早く、段取りよく、、、ちょっとちょっとの微調整しつつすすみます。上の写真は筬通し。

前の10件6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16