吉田美保子のsomeoriノート

Sunday, 9 April 2017

睦月さまと再会

L1004079.JPG

睦月さまと出会って十数年、その間、直接的なご縁はありませんでしたが、ご活躍はお聞きしてました。フェイスブックで繋がったりもしてました。

で、睦月さま、2015年秋に南青山のitonosakiさんで開催した、拙個展「三角・吉田」にお越しくださったのです。

お久しぶりです!

お久しぶりだけど、ネットで拝見してるので、久しぶりの感じはなく。しかし、お着物姿はさすがです。こればっかりは画像で見るより格段いいです。身についたカッコよさ。本物が馴染んだ感じ。くぅー。

それで、いろいろお話しして、なんと睦月さま、私に、着物を織って欲しいとおっしゃるのです。まあ!

それは、大変ありがたく光栄で、心して取り組ませていただきますが、お時間はかかります。そうですね、再来年になるかと思います。それでよければ、喜んで。

Friday, 7 April 2017

only only 、睦月さま!

スクリーンショット 2017-04-07 11.19.22.png

今、取り組んでいるonly only をご紹介しましょう。実はここんとこ複数同時進行しています。書くタイミングを逃しておりましたが、お一人お一人、ご紹介していければと思っております。

まずは「きもの 睦月」の横山てる美さま。名古屋で和装のお店と着付け教室となさっています。着物のプロ、審美眼が光る方ですので、緊張もひとしお。このブログでは、「睦月さま」と呼ばせていただきますね。

睦月さまと私の出会いは、ずーっとずーっと昔になります。睦月さまが、まだお店を始める前のこと、私が織りで独立する前のことです。15、16年前?もっとかな。私が勤めていた「ゆうど」にお越し下さったのです。睦月さまご自身が織りをなさったことや、お住まいが私の親戚がいる所のお近くだという話をした記憶があります。睦月さま、この時のこと、よく覚えてくださっているそうです。

それから幾年月。睦月さまは、森田空美先生の元で研鑽を積まれ、ご自身のお店を持たれました。私はまだ伺えてないのですが、サイトを拝見するととても素敵(上の貼ったのは、睦月さんのサイトのスクリーンショットです)。ご自身の写真も、睦月さんのブログやフェイスブックなどで拝見していますが、とても、とても、とても素敵です。

Tuesday, 4 April 2017

私の!

L1003530.JPG

先日まで取り組んでいた、わださまの only only の合切袋、実は、二つ作ることにしました。一つは自分用です。

L1003577.JPG

今日はそのお披露目!本当は、着物を着た時かオシャレした時に、これを手に持つ自分を撮りたかったが、その予定はない。

L1003559.JPG

桜も咲いたし、外に出て、写真を撮ろう。

L1003581.JPG

いいでしょ。デザイン縫製の善林英恵さんが、私のイメージで作ってくれたんだよ!私って、こういうイメージ?うふふ。

布は、帯の試し織り部分がほとんど。いろいろと、作った当時の思い出がよみがえる、、、

L1003527.JPG

実は、今回、二つ頼んだのには、いろいろと理由があります。善林さんも、ご自身のブログに2回に渡り、書いてくださってます。→ここここ

L1003583.JPG

善林さんのブログにもありますが、手で作ったもので仕事を成立させるのは、至難の技です。特に、一点ものを作っていたら、まずムリで、それをやるからには、あらゆる方面から、考えに考え、解決策を探し出すしかありません。

L1003553.JPG

ま、そんなこんなで、考えても妙案は出ない。でもわださまからのご注文はお受けしたい。打診した善林さんも乗り気になってくれてる。だったら二つ作ってもらうことにしようか?売るのは難しいから自分の?で、二つ注文すれば、善林さん的には、十分ではないにしろ、ギリギリオッケーくらいになるのでは?少なくても、私の覚悟は伝わる。

IMG_1451.JPG

で、二つお願いして、わださまの誕生日に合わせるために、そっちが先に納品されて来て、しばらくしてこれが来たわけです。二個目については、何も注文つけませんでした。だって、同じようにしないと効率落ちるもん。だから、わださまの分とほとんど同じのが来ると思っていたいのです。そしたら、なんと、善林さん、私のイメージで作ってくれたのです!!!

L1003528.JPG

これ、自分が持ち歩いてたら、「あら、素敵。私も欲しいわ」って方、現れるかも!!!

ピンと来た方、いかがですか!お望みに合わせて、いかようにもいたします。お問い合わせは、お気軽にこちらから→

L1003618.JPG

ちなみに、撮影時、中身はこんだけ入れてます。500mlのペットボトル。iPhone。財布。カード入れ。手ぬぐい。重さは、980gでした。

わださまの合切袋の写真は、プチプチを入れて撮ってます。重いものを入れるのは、はばかられますものね。今回は、しっかり入れました。約1kg入れて、持ち歩いて、何の不安もなくしっかりしてます。へこたれません。

L1003482.JPG

持った感じはこんな。

L1003467.JPG

全体像はこんな。

works 作品
Monday,20 March 2017

お誕生日、おめでとうございます!

P1190864.JPG

善林さんから、合切袋が送られてきたのが、12日の夜。(朝から出かけていたので、夜指定)13日に撮影して(このページの写真などね)、お手紙書いて、カード書いて、伝票書いて。14日に梱包して出荷。15日の着指定。

3月15日は、わださまのお誕生日なのです。(以前いただいていたお手紙に書いたあったのを、今回たまたま発掘しました。それで、この日に間に合わせようと、善林さんにムリ言いました。応えてくれる彼女はすごい。)

P1190865.JPG

3日置いて、わださまから、お手紙が入った、現金書留が届きました。わださまらしいなあ〜。

P1190883.JPG

お手紙には、3月15日のことが書かれてました。天気が悪く寒かったので、朝から、録画した美術番組を見ていたこと。アール・ブリュットの番組に考えさせられたこと。バースデイケーキならぬ、バースデイアップルパイのふた切れ目を食べようとしたところ、ピンポンがなったこと。

P1190921.JPG

それに続くお手紙、一部抜粋させていただきます。

「合切袋、面白い出来上がりで、とても満足しております。アーシル・ゴーキーの雰囲気も出ています。良い裂の組み合わせです。やはり、赤がアーシル・ゴーキーにはあると思っていて、この赤のイメーヂが私にはあります。絵にその色があるわけではないのですが、私の中のイメーヂなのです。
早速お彼岸のお墓参りにこの手提げを持っていきます。とても気に入った出来上がりでした。嬉しく思います。善林さんにも、わだが悦んでいたとお伝え下さい。」

P1190926.JPG

ああ、よかったよ。only only わださまの合切袋ストーリーは、これにて完了です。

それにしても、2次元の布が、善林さんの仕立てによって3次元になり生まれ変わるのが、本当にすごいと思いました。そして、これから、わださまにあちこち連れていってもらって、新たなストーリーが生まれ、次元を超えるのだなあ。すごいなあ。コラボ。only only。おもしろか!

もしこのような、袋物などに興味のある方、ぜひお気軽にご連絡ください。お仕立ては、善林さんにお願いして、あなただけの袋物を作ることができます。
注文制作ではなく、出来てるもので気に入ったら欲しいという方も、お気軽にご連絡ください。ご紹介できるものがあることもあるし、今後そういうものを作った時に優先的にご紹介することもできます。

それから!実は、善林さんとのコラボで、私の布を使ったトートバッグも進行中です。着物にも合うトートとか、自転車かごに入れやすいトートとか探り中です。完成予定は、晩夏か初秋あたり。どうか、楽しみにお待ちくださいますよう!

Saturday,18 March 2017

合切袋、完成!

P1190852.JPG

only only、わださまの合切袋、出来上がりました!

じーーん、、、、堂々とした風格がある合切袋になったなあ。年配の男性が持って、いい風情だと思います。ましてや、わださまだもんね。

P1190854.JPG

いろいろを乗り越え、出来上がりました。ほっとしました。実はある理由があって、善林さんをせっついて、仕立てを急いでもらいました。ご苦労おかけいたしました。その理由はまた書きます。

P1190860.JPG

いやはや、あれからもいろいろありました。仕立ての善林さんに、プロトタイプを送り返したら、なんと、盗難にあったり!(郵便受けから抜かれた!)

アーシル・ゴーキーは、多難な人生だったようですから、彼の絵を目指して作ってきた我々、これで済んでよかったと思った方がいいかもね。

P1190894.JPG

紐は結局、革の編丸紐となりました。手に持つところは、別の皮が巻いてあって、持ちやすくなっています。いろいろ考えたけど、これでよかったと思います。全体のバランスもいいよね。

Wednesday,15 March 2017

お出かけ、本番

DSCN8748.jpg

さあ、それで、ほうほうの体で着物をきて、駅に小走り。電車に飛び乗り、いざ日本橋へ。待ち合わせはコレド日本橋。和食のランチをいただくことになっております。

上の写真の7名がメンバー。みなさん、すてきです。

前列右が、ブログ上のお名前で神奈川絵美さん。お召し物は、再会がうれしい拙作「シスレーの居る風景」。
中央のキュートな方はtさん。なんと、来がけの電車でお声をかけてくださった。面識ないのに帯でわかったと!電車の中で「ヨシダさんの帯をしている人がいるなあ。あ!ヨシダさんだ!」。おかげで幸先いいスタートでした。
左は、みるさま。うふふ。締めてくださってるのは、「Spirit Of Green」です。可愛がってもらってる〜〜

後列右は画家の朋百香さん。ウェブサイトはこちら。かっこいいです。
お隣はrさん。お着物と帯留め、写ってないけどお羽織も、お義母さまから譲られたものだそうです。ものっすっっごくステキだった。それにお似合いだった。
一人置いて、左はmさん。お写真からはわからないけど、こちらもすてきな薄いピンクの牛首紬で、振りと裾に水が表現されてて、まさにお題の「魚座」と「春」にぴったりでした。ご自身は魚座ではないというのが、またツボでした。

DSCN8828.jpg

拙作まとってる3人寄って。

右の帯、みるさまの「Spirit Of Green」(メイキングはこちらにまとまってます→
中央のお着物、絵美さんの「シスレーの居る風景」(絵美さんがご自身ブログにお誂えの記録を書いてくださってます→
左の着物と帯は、名無しのごんちゃんです。(実は帯の名前は「大反省帯」。大失敗してしまった帯を、仕立てで生き返らせていただきました)

IMG_1344.JPG

お食事のあとは、デジタルアートを見に行きました。初めての体験。会場全体いい香りがするのです。まさに五感で楽しむアートですね。

IMG_1355.jpg

ここに写ってるのは、たぶん私。

DSCN8816.JPG

デジタルアートの出口で記念撮影。お食事の時より、リラックスして楽しんでるのがわかりますね。

DSC_3897.jpg

これはその後のお茶。もっと楽しんでる〜〜〜

*写真はそれぞれが撮ったものを、tさんに送って、まとめていただきました。そこから、それぞれダウンロードするの。こういうの、私できないので、感心します。tさん、ありがとう!

Tuesday,14 March 2017

お出かけ、着付け編

IMG_1431.JPG

日曜日の朝、出かける1時間半前、着付けを始めます。1時間も見れば大丈夫なはずだけど、念のためと、着付けで疲れるので休むため(笑)。

着物を着てる私を知る人はみんな賛同してくれると思うけど、私は、ちょー着付けが下手。いつも出たとこ勝負で着ています。そして、いつも、かたわらに着物の着方のアンチョコを置き、それを見ながら、おっかなびっくり着ているのです。それは昔から、今もです。

数年前、そんな私を見るに見かねて、旧知のお客様が、七緒のバックナンバーを送ってくださいました。その号は、着付け特集で、自分で読んでためになったし、とても分かりやすくツボを抑えて書いてあるからと。この号は人気だったらしく、売り切れていて、アマゾンで新古本を探して取り寄せ、それを送ってくれたのです。感謝感激しました。

このお方は、まだ私が、注文制作をonly onlyと名付ける前から、着物と帯を注文くださり、育ててくださいました。事実、ものすごく助かりました。染織を続けていられるのは、買ってくださるお客様みなさまのおかげですが、その一翼をになってくださいました。

個展の前には、陣中見舞いに、小さな醸造元の特別に美味しいビールをお送りくださったり。お食事にも2度、誘っていただいた、、、自分では行けないようないいレストランで、本格的なディナーをいただいた。ワイン1本ペロリとあけたなあ。第一線ビジネスウーマンでもある彼女は、染織吉田の打ち出し方の相談にも乗ってくださった。。。
お客様というより、人生の先輩だった。最高にかっこよかった。

七緒を広げて、着物を着ながら、、、、思わず手が止まります。このお方の訃報を聞いたのは、2週間前。未だ、心の整理がつかずにいます。

Monday,13 March 2017

お出かけ前夜

P1190753.JPG

昨日の日曜日は、ランチのお誘いをいただき、久しぶりにお出かけでした。るんるん。

着物のお仲間に入れていただいたので、もちろん着物です。そして、せっかくだからと、ゆる〜いドレスコードがありまして、「星座」「魚座」「春」のどれかにちなもうと。大人のお遊びですね。

そのことはずっと頭にあったものの、日々の雑多に紛れ、準備ができずにいました。もう待った無しの、前日の土曜日の晩、コーディネートのために、色々ひっぱりだす私。着物と帯はすんなり決まります。だって、選択肢少ないもん。

帯締めは、菜の花の黄色。帯揚げは、鮮やかな青緑。ふむ、これで行こうか?課題のちなみものは「春」ってことね。どうかなあ??

うーーん、帯揚げの青緑が、若葉のようね。葉桜の季節ならまだしも。爽やかすぎじゃん?弥生三月の色じゃないなあ。

IMG_0110.jpg

だったら、染める?白生地あるし。

というわけで、夜10時すぎ、いそいそと染色鍋を出す私。商品染める時は、緊張するけど、自分のだしね。ちゃちゃっと色を調整して、酸を入れて、ガーッと温度をあげて、ちょいと放置プレイしてる間にお風呂に入って。フィックスしている間に髪の毛乾かして。仕上げは翌朝ね。

はい、おやすみなさい。

P1190750.JPG

というわけで、このコーディネートでお出かけしました。どうすかね?春らしくなった?

(ちなみに、上の写真の青緑の帯揚げも、自分で染めてます。私、帯揚げ染めるの、趣味かも。)

Friday, 3 March 2017

only only 紐考

IMG_0109.jpg

only only わださまの合切袋、デザイン、詰まってきました。残る問題は、紐です。

善林さんの考えでは、ゴツくない方が合うのはないかと。革の編み丸紐か、組紐かが候補であろうと。善林さんは京都在住なので、近所に組紐をされている方がいて、情報集められると。既成のもアリだし、値段次第だけど特別に組んでもらう可能性もあると。ヨシダの糸を送って、組んでもらうのもアリではないかと。

なるほど、なるほど。組紐って、具体的にはどんなだと思い、画像検索。実物そのままではないかもだけど、見る限り、うーーん、ちょいフェミニンではないか?いかにも絹。わださまはそれ望まれるだろうか?それに、絹の必要ある?一番手に触れるところだし、強度はどうだ?革か、または木綿もアリじゃ?

木綿で紐ってったら、真田紐は?よくある桐箱縛ってるのは太すぎでゴツイな。細いのないの?

で、バリバリ検索して、真田紐も2分幅というの見つけました!が、チョイスが少ない。合うだろうか?

などなど私の思ったことを善林さんにバババッと投げて、あとは、彼女がどう料理してくれるか、じっと待つのです。

*写真は善林さんからのお手紙。微に入り細にわたり、具体的でわかりやすい。

Tuesday,28 February 2017

ONLY ONLY 、プロトタイプ

IMG_0089.jpg

しばらくして、善林英恵さんから、わださまの ONLY ONLY の合切袋のプロトタイプが送られてきました。

IMG_0094.jpg

早速ものを入れてみましょう。わださまが入れる予定だと言われた、330mlのエビアンのペットボトル、文庫本、CD。それから、財布と手ぬぐいも入れることにしましょう。

IMG_0087.jpg

入れてみるとこんな感じ。

IMG_0083.jpg

紐を結んでみましょう。

IMG_0076.jpg

手に持つとこんな感じ。いい感じね。大きさ、デザイン、いいんじゃない?

前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11