吉田美保子のsomeoriノート

Saturday,14 January 2017

Koh meets the rhythm

P1190598.jpg

じゃーん、こちら、着物ライターの安達絵里子さんです。うれしいことに、先日の帰省時にお会いできたんです。only only であつらえ、息子さんの名前を冠した、「Good Morning Koh!」をお召しです。

この日はなんと、ヨシダのフルコーディネート。帯は、「Line & Rhythm(ライン&リズム)」を締めてくださってます。お初のお目見えなんですよ。

P1190602.JPG

くるっとまわっていただいて、後ろ姿を拝見しましょう。優しいボカシのお着物に、クールな帯が表情を加えていますね。緯糸がビス糸なので、独特な柔らかさとツヤがあります。

ビス糸とは、蚕が繭の一番内側に吐く柔らかい糸のことで、いわばお蚕さんの肌着ですね。その上、単糸で無撚りで、均一でなく太細があります。扱いづらいのです!染めムラも出やすかったですが、それを目立たなくさせるために、杼を三丁使って、織ってます。

地糸の染めは、白に見えますが、けっこう黒と紫の染料を入れています。極薄のパープルグレーになりました。ピンクとブルーのお着物と相性バッチリなのは、この地色がよかったかなと思います。

それに、青い細目の銀糸と、太い白い銀糸を入れ、明るい茶色でラインを織り入れています。ラインは五線譜が動き出したイメージ。ブラッシングカラーズは4色でリズミカルに。おタイコにはプラチナ箔も貼りました。

このお着物は、安達さんのご一家が小高い山に登り、朝焼けを見ているというイメージで織ったものなのですが、この帯を合わせていただて、ご一家のお父さん、お母さん、息子さん3人の会話が、リズムになり、歌になる、、、そんな風に思いました。音楽好きなご一家とのことなので、なおいっそうピッタリだわ〜。

P1190630 3.jpg

それから、もうひとつ。ちょっとズームで寄ってみましょう。

帯の真ん中にツバメが飛んでいます。そうです、こちらは、先の「清正公の陣羽織」展に参加してくださった、松原智仁さんの作品で、熊本をイメージして作ってくださった帯留めです。

朝焼けの空に、鳥がさえずり、羽ばたく。ご家族のあたたかい幸せな時間。そんな「Good Morning Koh!」の世界がここに完成したと言えるでしょう。完成させてくれるのは、いつだって、着る方の力です。

P1190605.JPG

安達さんは、後日、初おろしの感想を送ってくださいました。ひょー、着物のプロ、文章のプロだよ〜。光栄〜。その上、転載の許可もいただいちゃった。安達絵里子さん、本当にどうもありがとうございました。

「初おろしの吉田さんの帯、初めてとは思えないほど、しなやかで締めやすかったです。ビス糸のおかげか、軽くてしなやかで、身に添う感じ。

今日、撫でるようにしまいながら、吉田さんの作品を手に入れられた喜びを改めて感じました。ホントにいいものを作られましたねえ。色も、糸の表情もとてもすてき。ほれぼれとしますよ!

私にとって、きものの喜びって、着るときだけでなく、しまう時にこそ強く感じます。作品をゆっくり味わえる、幸せのひととき。

着る前のコーディネイトするワクワク感、着ているときの晴れがましいようなうれしさ。そして着た後のいつくしみタイム......それぞれの楽しみがありますね!こんなにステキなものをお作りくださり、ありがとうございました。」

works 作品
Friday,13 January 2017

熊本城に寄附、第二弾、Done

P1190637.JPG

先日、熊本に帰省しておりました折り、熊本城の下にある、城彩苑に行ってきました。「清正公の陣羽織-吉田美保子展-」での、売り上げの10%寄附の第二弾のためです。第一弾の寄附は、個展そのものでの売り上げの10%の寄附で、すでに去る12月2日に郵便振込により、完遂しています。→

そのとき実は、ああ終わった〜〜って思ったのですが、、寄附の報告をしたあたりから、いろんな方から、お問い合わせが相次ぎました。帯やショールのご購入のご検討です。おのおのの方に、作品の詳しい説明とともに、個展の主旨を継続し売り上げの10%を寄附したいとお伝えすると、「ぜひそうしてください」とのこと。ありがたい。

お客様、お一人、お一人のお顔が浮かびます。ネットからお売りしたので、直接お顔は拝見してないけど、浮かびます。旧知の方、新しいお客様、とてもお久しぶりのお方、、、、。本当にどうもありがとうございます。おかげさまで、熊本のパワーとなります。願わくば、お求めいただいた帯やショールを身に着けるとき、熊本のこと、ちらりと思ってくださいね。

それに、和の國さんのネットショップからお買い求めいただいた分の10%も加え、寄付金額としましたが、おかげさまでけっこうな額となりました。第一陣の寄付金額と加えると、清正公も「あっぱれじゃ」とおっしゃってくださるのでは?個展前の計画時に設定した、少々背伸びした目標額まで行くことができました。本当にどうもありがとうございました。

売り上げの10%など、熊本の復興からみたら、ほんのほんのごくごくちょっぴりですが、それでも、ご協力いただいた方とともに、地震からの復興に参加できたことが、うれしくありがたいです。ほんの、ほんの、ごくごくちょっぴり、身の丈でできること、続けられればと思っています。
この度は、本当にどうもありがとうございました。


Wednesday, 4 January 2017

きおさまの赤いショール

P1190340.JPG

深紅のショール、実は2枚、作りました。どこまで深くするか悩み、解決せず、だったら2枚作って選んでいただこうと。(案ずるより織るが早し)

経糸は同じです。深く赤く染めた上に、鮮やかな赤のブラッシング。

緯糸が、一枚目は深紅のみで、真綿紬糸の2種類の太さを染めて、細い方は2本取りにします。
二枚目は、緯糸は細めの真綿紬糸3本取りにしますが、そのうち一本を、濃い紫みの茶色にします。微妙な違いですけどね。真綿紬糸は、絹の中でも空気をより含んでふんわり軽い表情になります。それにあったかいね。

P1190371.JPG

織り上がったら、きおさまにメール。

「よかったら2枚とも実物お送りしますので、選んでください」と申し上げる。

きおさまとは、もうずっとお付き合いさせていただいているので、安心してお互いに最適と思われる方法を探れます。(掲載した写真、上2枚が深紅のみ、下2枚が茶色入り)

P1190400.JPG

結果、きおさま、一枚目の赤いショールをお選びになりました。うふふ。ただもっと明るくてもよかったとのことで、私も考えることも多々です。

きおさま、ひと月前にお納めしたショールとの風合いの違いを面白がってくださってます。

最大の違いは、緯糸で、前回が木綿、今回が絹(真綿紬糸)。大きさの違いは、今回の方が20cm長い。色の違いは、前回が経糸がピンクに赤いブラッシングカラーズ。緯はアカネ染め。今回は経糸が深紅に染めた上に鮮やかな赤のブラッシングカラーズ。緯は酸性染料で深紅。

きおさま、両方ともヘビロテ間違いなしとおっしゃってくださって、心から安堵しました。

P1190406.JPG

「きおさま2」の、only only ストーリーはこれでおしまいです。どうもありがとうございました。

染織吉田は、お着物や帯だけでなく、ショールなども承っております。ご依頼はこちらから!→(ただ、ものずごーく時間がかかることもあります。案外早いこともあります。)

今、こっそり進行中なのは、「合切袋」です。男性物よ、おほほ。仕立ては、最強のお方に依頼しています。また報告します!楽しみにお待ちください。

Tuesday, 3 January 2017

きおさま、織ってます。

IMG_0697.JPGのサムネイル画像

きおさまのショール、経糸をしっかり深紅に染めて、機こしらえをしました。試し織りをします。そうしましたら、思ったほど、深くないのです。もっと赤くしたい。もっと強くしたい。

きおさま、とても華がある方なのです。ゴージャスな感じもお持ちです。おとなしいショールはきっとお望みでないと思うのです。

うーむ、ではどうするか?

よし、ここはやはりブラッシングカラーズだ。深紅の経糸の上に、鮮やかな赤をブラッシングで染めよう。それで早速、染料を調合します。ねらいをきっちり定めて。

ブラッシングの試しを蒸してみて、やっと納得いきまして、本番を染め、織ります。

*写真は本番織ってるところ。

Sunday, 1 January 2017

あけましておめでとうございます

IMG_0736.JPG

2017年がはじまりました。いい天気で、美しい冬晴れの一日でしたね。どうか今年もよろしくお願いします。元気ないい年にしましょう!

昨年は、何といっても、熊本地震の年でした。「まさか、、」が本当になるという、あっけに取られ、自分の無力を思い知らされた年でした。
しかし、その後、ふるさとの友だちたちが、力強く生き抜いて行く姿も見、周りの方々が無償の応援をしてくれる姿も見ました。私も、売り上げの10%を寄附させていただくことを一つの目的に個展を開催し、おかげさまで多くの方にお買い求めいただきました。本当にありがたかったです。(第二弾の寄附は、年内に振り込み用紙が届かなかったので、もうすぐ出来る予定です)

今年も、お一人お一人の願いをかなえる布を織りたいと思っています。ハッピーになる布です。布を織る理由はそこにあるね。みんな、ハッピーで行きましょう。

*写真は、蝋梅。本日、谷戸山公園にて。すっごくいい香りで、思わず寄って行った。

Friday,30 December 2016

きおさま、染めて、織る

IMG_0702.JPG

きおさまの2枚目の赤いショール、まず染めに取りかかります。さあどうしましょう?経糸の種類は同じ糸です。1枚目の経糸の先染めは実はピンクです。その上にブラッシングカラーズで真っ赤にしています。そこにアカネ染めの緯糸が入るので、濃い朱色に見えるのです。

同じにする?それもつまらないかな?それに、同じをめざしても同じにはならない。そのことはきおさま、ご了解ずみ。

それだったら、どのポイントを目標にするかだ。そこでお伺いメールする。

「朱色と真っ赤と深紅だったら、どの色を目標にしますか?そこに近づけるよう出来る限りの努力をします。」

返信には、「深紅」とあった。そっか、深紅ね。

よっしゃ、そこをめざして染めましょう。今回は経糸も、しっかり深紅にしよう。そうすれば、一枚目のとの違いも顕著だしね。さあ、がんばりましょう。

*上の写真は、手伝いにきてくれたmoyuさん。小管巻きをしてくれています。

Monday,26 December 2016

only only きおさまの赤いショール

IMG_0719 2.jpg

さて、新たなonly only は、お久しぶりの「きおさま」です。きおさまとは、曜変天目を仰いで作った、「Little Cosmos」(リトル・コスモス)以来です。

今年、10月終わりに「清正公の陣羽織ー吉田美保子展」の案内状をさし上げました。きおさまは関東の方なので、お越しいただくには難しいだろうなって思いながらも。そうしましたら、メールくださいました。お書きいただいていることには、

「案内状に写っている赤いショールがとても欲しいのですが、いただけないでしょうか?でも展示会に出展されるので無理でしょうね。それでしたら作って下さい。と言ってもヨシダさん予約で一杯でしょうね。」

まあ、なんとありがたい。

そして展示会後にご連絡するとお返事しました。(ヨシダ、予約、複数いただいてますが、糸とか機とか、他の承ってるものとか、いろんなタイミングがありまして、前後します。それに何と言っても、きおさまにもお着物のご注文、いただいていてお待たせしてます、、、、)

約1ヶ月後、展示会は終わりまして、なんと首尾よく(?)、件のショールは売れませんでした。実は自信作だったのでショック(笑)。

早速きおさまにメールして、このショールについて、使った糸、染料、それによって得られた結果、サイズなど、詳しく詳しく説明して、写真も何カットもお送りしました。

お返事が来て、「長さが、着物を着た時のショールとしては少々短いと思います。新しく作っていただけますか?こちらは洋服用にいただこうと思います。」

え?作り直すのはいいけれど、こっちもいるの?同じようなの2枚になるけど?

作り直す旨をメールすると、とりあえず今あるものが欲しいので、振込先を教えてくれと。まあ、本当なの?

それで、またメールします。

一枚目の特徴と、二枚目の予想を説明します。それによってどんな差異がでるのか、お伝えしたい。

一枚目の緯糸は手紡ぎ木綿のアカネ染め。かっちり下準備してあるので、植物繊維である木綿に植物染料であるアカネが濃く染まっている。その糸を二本取りで入れてます。経糸にはブラッシングカラーズの刷毛目も見え隠れ。しっかりした布味が特徴。

二枚目は、経糸は同じ種類の絹を使うけど、緯糸は変えて真綿紬にする。染めは酸性染料。こちらは絹100%。絹の中でも空気をはらむ手引き糸や紬糸を使っているので、柔らかくホッコリします。

2枚ともになさいますか?

とメールしましたら、説明を読んでますます両方とも欲しくなったと。まあ!それで、一枚お送りしたあと、二枚目に取り組むことにいたしました。

Sunday,18 December 2016

あおさま!

PB200136.JPG

さあ、お待たせしました。こちら、どなたかお分かりですか?

そうです。

じゃーん!

あおさまです!

あおさま、「my first kimono」をお召しで、熊本で開催した拙個展「清正公の陣羽織」にお越しくださったのです!

すっごくお似合いで、心から安堵しました。

いやはや、感無量です。地震が起こった今年4月中旬、私は、あおさまとメールでこのお着物についてのやり取りをしていました。それからいろいろありました。わが故郷はどうなってしまうのだろう?熊本が心配でなりませんでした。心を強くもって来られたのは、このお着物に取り組んでいたおかげです。

それが、7ヶ月後、こんなに立派になって!熊本に連れて来てもらって!ひょー!

119_161120.jpg

「碧」という色について、いろいろ悩みながら進めてきましたが、この日、このお姿を拝見して、ああこれでよかったと思えました。あおさまの、気品があってボーダレスな自由な感じとよく添っていると思います。

あおさま、着姿を見せてくださって、本当にどうもありがとうございました。それも熊本で!個展という晴れ舞台で!前日には天草を旅行され、熊本を楽しんでくださったのもとてもうれしかったです。

Friday,16 December 2016

ちょっと前進!

スクリーンショット 2016-12-16 20.48.52.png

毎度、当ブログをおよみいただいて、ありがとうございます!ほんの少々前進しましたので、ご報告いたします。

さあさあ、どこが変わったでしょう?なーんにも変わってないように見えるでしょ?うふっ、このまま、ずーっと下にスクロールしていください。下に、下に。左側、ご注目ください。

見つかりました?(上のスクリーンショット見てすぐ分かった方、すごい!)

えへへ、ツイッターを見られるようにしてもらいました。ブログはそれなりにまとまってないと書きにくかったり、仕事のことは振り返って書くことが多いのですが、ツイッターはほぼ毎日2回、リアルタイムのヨシダを発信しています。たまにのぞいてくださいね。

それから、当サイトの「業界の方へ、プレスの方へ」のページに、今年掲載された記事をアップしました。「美しいキモノ」と「熊本日日新聞」と「多士東京」。見て〜。

今後とも、どうかよろしくお願いします♡

Thursday,15 December 2016

タブローたち

P1190288.jpg

「清正公の陣羽織展」では、タブローも出品しました。タブローってのは、額に入れた作品のこと。わたし的にそう呼んでるってことだけどね。

私、タブロー作るの好きなんです。その額の中で世界を完結できるし、またいくらでも広がりそうな気もするし。

たくさん紹介させていただきますね。気になるものあれば、お気軽にお問い合わせください。詳しい説明や別カットの写真をお送りします。

上の写真は、金箔を貼った蛇の目紋。加藤清正の家紋です。額の大きさ、幅31cm、高さ59cm。¥27,000(税込み)

P1190192.JPG

上の写真、濃紺の蛇の目紋。のびのびしてるイメージ。これは織りではなく、染め作品です。額の大きさ、幅32cm、高さ26cm。¥16,200(税込み)

P1190211.JPG

上の写真、濃い茶色の蛇の目紋。染め作品です。額の大きさ、幅27.5cm、高さ20cm。¥14,040(税込み)

P1190207.JPG

上の写真。「蛇の目コパー」。染め作品です。銅箔を貼ってます。額の大きさ、幅22cm、高さ27cm。¥19,4400(税込み)

P1190281.JPG

上の写真、「蛇の目ゴールド」。これは日本画の技法で描きました。額の大きさ、幅31cm、高さ28cm。¥21,600(税込み)

P1190285.JPG

上の写真、「清正フラッグ」。日本画の技法で描きました。清正の旗を探してください。戦国の屏風絵を元に描きました。額の大きさ、幅31cm、高さ28cm。¥21,600(税込み)

P1190197.JPG

上の写真、木枠にペインティングして、織り布を貼り込みました。銀糸が織り込まれ、銀箔も貼ってあるので、キラキラします。シャボン玉のようです。

左 額の大きさ、幅18cm、高さ14cm。¥14,040(税込み)
右 額の大きさ、幅18cm、高さ18cm。(sold です。ありがとうございました。)

P1190220.JPG

上の写真、マークロスコを目標に織った布を貼り込みました。背景も織り布です。しぶ豪華!額の大きさ、幅38cm、高さ27.5cm。¥27,000(税込み)

P1190216.JPG

上の写真、地球ぽいイメージです。額の大きさ、幅17cm、高さ12.5cm。¥108,00(税込み)

P1190215.jpg

上の写真、大きく写ってますけど、実物は小さくてほっそりすっきりです。額の大きさ、幅11.8cm、高さ22cm。¥21,600(税込み)

P1190229.JPG

上の写真、「Colored Buds」。染めの色見本を額に入れました。額の大きさ、幅33.3cm、高さ24.7cm。¥27,000(税込み)

P1190276.JPG

上の写真、おもちゃ箱ひっくり返したイメージです。額の大きさ、幅53.8cm、高さ38.6cm。¥32,400(税込み)


「清正公の陣羽織展」の出品作のご紹介は以上です。お付き合い、ありがとうございました。気になるもの、ぜひお問い合わせください。

帯たちは(ショールも!)、和の國さんのネットショップにありますので、そちらをぜひご覧くさい。

売り上げの10%を熊本城復旧支援金に寄附いたします。年末にはまとめて寄附したいと思っています。どうかよろしくお願いします。

前の10件3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13