吉田美保子のsomeoriノート

Sunday,18 October 2015

出た!「大人の着物 コーディネートブック」(主婦と生活社)

IMG_4566.jpg

5月にお話をいただき、7月に取材を受けました本が、とうとう出版されました!!!タイトルは、「大人の着物 コーディネートブック」。私の所には、昨日送られてきましたが、世間的には明日発売(10月19日)です!

IMG_4571.jpg

ヨシダの小特集は5ページで、「世界に一本、私だけの帯を作ってみたら、、、」と題されてます。47ページから。ぜひみて!

完全注文制作 only only 「リズミカル・ニコ」の制作過程を追って載せていただきました。拙ブログのにこさまです(下にスクロールしてご覧下さい)。詳細な取材をしていただきました。読みやすくよくまとまってます。

IMG_4573.jpg

にこさま、いい笑顔。この帯、織らせてもらって、よかったなあとしみじみ。撮影は大変だったけど、今となっては、いい思い出ね。

IMG_4583 2.JPG

個展「三角・吉田」のご案内も載せていただいています。この本は、イトノサキさんでも、取り扱いますので、そちらでお求めくださっても!

IMG_4556.JPG

そして、そして、もうひとつ!巻頭特集のピックアップのお一人が、小野里秀美さまで、素敵な着姿で写られているのですが、、、お手持ちの着物や帯を置きで撮影されているののひとつが、ヨシダ作の帯、「シトラス」です!
(カッコイイご主人さまも2枚載ってます。要チェック!)

IMG_4592.jpg

私関係はこの二つだなって思って読ませていただいてたのだけど、、、、見つけてしまった!本の表紙カバーを外すと、本体が現れますが、、、、その裏表紙!これ、うちの織機。織ってるのはもちろん私。織ってる作品は、「限りなく白に近いピンク」。靴下は縞縞、by ユニクロ。

IMG_4543.jpg

表紙は、鶴田真由さん。すっきりしてて、素敵です。ぜひ、お手に取ってみて下さい。

本体価格は1350円。売価はプラス税です。

Thursday, 2 July 2015

取材!

IMG_3881.JPG

秋に発売される着物の本の取材を受けました。

ご登場いただくのは、このお方、にこさまです!八寸帯、Rhythmical Niko(リズミカル・ニコ)を締めて下さっています!

IMG_3925.JPG

今回の取材、本の中でね、「世界に一本、自分だけのオリジナル帯を作ってみたら、、、」という小特集になるらしい。

まずは我が家にお越しいただいて、打ち合わせ風景なども撮りました。その後、移動して着姿の撮影。丁寧に取材していただいて、出版が楽しみです。うふー。

IMG_3865 2.JPG

にこさま、「えー、なんで私???」とおっしゃいながらも、こころよく協力して下さいました。Rhythmical Niko(リズミカル・ニコ)、晴れ舞台で、とてもイキイキと活躍してくれました。再会できてよかった。

IMG_3859.JPG

カメラマンは、なんと、武藤奈緒美さんです!着物好きで、プライベートで仲良くさせていただいています。武藤さんの仕事姿、はじめてみたけど、カッコよかったー。プロだねーー。

IMG_3896.JPG

編集のミヤマさんも着物大好きなお方。着物談義で大盛り上がりの一日でした。

IMG_3904.JPG

出版は、この秋、10月中旬、主婦と生活社からです。着物ライフをより楽しむための、大人の女性に向けたムック本らしいよ!乞うご期待。また追ってこちらでもご紹介しますね。

IMG_3942.JPG

私もあわてて着物に着替えてご一緒に。撮影場所は、東林間のバートンです。

Saturday,30 May 2015

にこさま、登場!

niko1.JPG

うれしいメールが届きました。うふふ、にこさまからです。

この冬、一番寒い頃に取り組んでいた 完全注文制作 only only、「Rhythmical Niko(リズミカル・ニコ)」、締めていただいたお写真を送ってくださったのです。

いやはやー、すごくすてきじゃないですか!!!!さすが、にこさま、決めて下さってます。布の時より、1000倍いいね!命、吹き込まれました。

niko2.JPG

心配していた前帯もよかった。おタイコとは、パッとみ違うのだけど、呼応してるよね。

お顔、トリミングしちゃったけど、すごくいい表情されているのですよ。自然で、チャーミング。にこさまらしい感じで。

にこさま、どうもありがとうございます!

*にこさまストーリーをお読みになりたい方は、ブログのカテゴリー「にこさま」を、時間をさかのぼってご覧ください。こちらです→

Thursday, 5 March 2015

Rhythmical Niko

P1140163 2.JPG

にこさまの八寸帯、完成しました!やったー!

P1140171.JPG

タイトルを「Rhythmical Niko (リズミカル ニコ)」と命名させていただきました。リズミカルななのは、にこさま自身。リズムに乗って、軽快に、森を散歩するのです。

P1140273.JPG

これは前帯部分です。タイコと違って、一見無地。でも表情豊かでしょ。ここにもリズムがある。

P1140178.JPG

タイコと前帯が違うのは、にこさまのご要望です。ここまで違うのは初めて織った。おかげさまで新しいチャレンジができました。なかなかいいね!手先までずっとこんな感じ。タイコ裏もこんな感じです。

P1140183.JPG

実は本日、にこさまにお会いして、お納めしてきました。某駅改札で待ち合わせしましたら、にこさま、この帯に合わせるおつもりのお着物をお召しでいらしてくれました。まあすてき。端切れはお預かりしてますが、やっぱ、全身となると違うね。明るくて、力のあるお着物です。

P1140195.JPG

駅からちょっと離れたところのお洒落なカフェで、「Rhythmical Niko」を観ていただきました。箱を開けたとき、パッとにこさまの表情が明るくなったの、うれしかった。

P1140200.JPG

にこさまに喜んでいただくことが、onlyonly の全てです。達成できたと安堵してます。ありがとうございました。

P1140275.JPG

*左がお腹から手先、右がタレから手先です。

Friday,27 February 2015

できた!

P1140112.JPG

はい、にこさま、計画通り、織り上がりました。さあ、仕上げです。検反して、切れた糸の処理などして、不織布に巻いて蒸します。

P1140108.JPG

染織は、やっぱ、火と水ですね。原始的なの〜。蒸すことによって、染料が繊維に定着します。

P1140135.JPG

蒸したら水元して、余分な染料や糊を洗い落とします。そして、部屋から部屋を余すとこなく使って、伸子でぴーんと、張ります。

写真は、お腹から手先の部分。にこさまの、濃い青緑のお着物に合うように、色味とバランス、よくよく吟味しました。

Flare and water are very important for dyeing since ancient times. So primitive! Don't you think so ?

Monday,23 February 2015

織ってます

P1140096.JPG

にこさまの帯、さあ織りましょう。今回、打ち込みを少々変えてみました。いままでより、もっと、密度高くなるように、入るように、筬を打ちます。そうすることで、地がしっかりとした、キリッとした感じの帯になる。

P1140089.JPG

織っていたら、手伝いにきてくれていた miwa さんが、「ヨシダさん!とってもきれいです!」と教えてくれました。タイコのところ、経糸が上と下に分かれる様子が、美しいと。ほら、写真撮らないと!

P1140060 2.JPG

こちらは、前帯。こんな感じ。タイコと呼応する、シンプルな織柄が入る予定。

Friday,20 February 2015

緯糸もオッケー

P1140114.JPG

にこさまの帯、ブラッシングカラーをほどこした経糸を巻き取った後は、緯糸の最終チェックです。必要な糸が、必要な分量、確保されてるか。試し織りをしている時に、緯の染めはほとんど終わってるのだけど、念を入れて。あと、新たな糸も加える。響き合う感じにしたいので。

うるさくなっちゃいけないけど、遠慮しすぎると、詰まらない織物になる。攻めるか、守るか。ギリギリの選択。

あ、ちなみに、上の写真の、右端の大きい綛と、左から2番目の小さい綛が、試しのとき変色したので、直接染料で染め直した分です。手間はかかったけど、かえってにこさま好みの色になったんじゃないかな。結果オーライ〜。

P1140148.JPG

緯糸は、試行錯誤の上、9種類にした。あ、写真には、8種しか写ってないね。もうひとつは、いかにも絹糸って感じの、光沢のある白い糸です。光沢は絹の最大の強みのひとつなので、ピカピカの織布をねらってない時も、控えめに使う。すると、マットなのに、心躍る織物になる。

にこさまは、相当、控えめな方だと思う。だから、最大限、控えめに。でも、輝くように。

P1140126.JPG

織りはじめました!

Thursday,19 February 2015

ブラッシングカラーズ

P1140025.JPG

にこさまの帯、いよいよブラッシングカラーズ。経糸に、刷毛を使って、染料を刷り込んで行きます。もうここまで来たら、計画通り実行するのみ。慎重に、慎重に。余計なことは考えず、頭を真っ白に。遂行する。

あ、仕上がったらこんなにまん丸にはならないよ。自然な感じにずれるはず。

P1140048.JPG

タイコ以外は、きほん無地です。無地だけど、色は3色作りました。その染め重なりで、タイコに負けない、豊かな無地にしなきゃね。

Wednesday,18 February 2015

整ってきた

P1140001.JPGのサムネイル画像

にこさまの帯、本番に向けての準備がちゃくちゃくです。

色は本当に悩みます。今、調合して出ている色をもし本番に採用したとして、仕上がりでそのまま出る可能性は、とても低いです。濃度でも、配合でも、蒸しによっても変わってきます。

P1140009.JPG

人事を尽くして天命を待つの境地。望むらくは、にこさまのテイスト側に振れること。

気合いと念。あと覚悟。(データと経験は、もちろんのこと)

P1130916.JPG

経糸の準備は万端よ。実は、筬目は3回変えた。ほんのちょっとの密度にこだわる。布の厚さが微妙に変わってくるので、八寸帯の場合は特に重要だと思ってます。

糸、けっこう暴れる。赤城の節糸、節ありすぎ〜。

Tuesday,17 February 2015

本番に向けて

P1140007.JPG

にこさまにお送りして観ていただいてた3回目の試し織り、ほどなく送り返されてきました。新たなご要望はほとんどなく。方向性は間違ってなかったってことか。このまま続行ね。

ほんのちょっとの変更点。そこを基軸に、全体を少々修正。そのほんのちょっとのところに、にこさまのアンテナが反応したのだから、超重要だ。

P1140005.JPG

さあさあ、本番の準備。ブラッシングの色を作ってしまう。ひとつひとつの色。全体の色。バランスも大事。濃さを調整。前帯の地の色は難しいね。ある程度、主張のある色でないと、タイコと釣り合わない。糊を混ぜて、さあ、もう一度、確認だ。

1  2  3