吉田美保子のsomeoriノート

Sunday,22 November 2015

いずさま、着姿

12166439_770066569764131_4433212_n.jpg

先日のこと、いずさまの「限りなく無地に近いピンク」の着姿のお写真、いただきました。写真拝見して、心底ほっとした。肩の力が抜けて溶けだした。

「毎年10月に開催される、秦勝寺でのお茶会で、苔むしたお庭に佇みたい。」というのが、この only only のそもそもの大命題だったのだ。どうお応えするかに、苦しみ、楽しみながら、まい進してきました。その答えが今でたわけです。

12166077_770078766429578_1129033965_n.jpg

いい笑顔してらっしゃって、うれしいなあ。

「本当に真摯に取り組んでくださって、こんなに幸福感に包まれる着物はありません。」と書いてくださいました。
「とても評判よかったよ」と。「写真より肉眼はピンクが立ってるよ」と。あと、「お仕立てをしてくださった方が、惚れ込んでいて、鼻たかだかだった」と。

本当にありがとうございました。仕事させていただくことで、育てていただいてます。織り続けることで、恩返しせねばと思っています。

*いずさまストーリーは、ブログのカテゴリー、「only only のいずさま」にまとまっています。時間をさかのぼって、お読みいただければ幸いです。

Monday,27 July 2015

限りなく無地に近いピンク

P1150961.JPG

いずさまの only only のお着物、「限りなく無地に近いピンク」と名付けさせていただきました。

P1150957.JPG

湯のしから戻ってきて、検反したあと、床に置いたままじゃホントのところは分からんわと思って、立ててみたくて、ふわっと和装ボディに掛けてみました。

わわわ、、、いいじゃん。無地なのに、豊かな感じ。

そして写真を撮りました。

P1150959.JPG

タイトルの「限りなく無地に近いピンク」は、いずさまとのやり取りを思い出しつつ付けました。今回のご注文で、一番大切だったことは、やはりこれかなと。

強い主張のない中の、抑えた存在感。押し出るんじゃまったく無く。極薄ではかなげなんだけど、しっかり立ってる感じ。遊び心もこっそりあるのよ。緯糸17色と経糸8種類が混ざり合う、豊かなピンク。

P1150956.JPG

いずさま、このお着物が到着後すぐにメッセージくださいました。

P1150978.JPG

「お茶会に着ていきます。きっと、苔むした秦勝寺に映える事と思います。涙が出そう。」

P1150984.JPG


うう、私も泣く、、、

そうなの、そうなの。お寺の苔のお庭に立ちたいってのが隠しテーマだった。

それが、どうにかこうにか、やっとやっと、いずさまや、いろんな関わって下さった方々のおかげさまで、作ることが出来ました。そして生まれでたのが、「限りなく無地に近いピンク」。

P1160003.JPG

いずさまのメイキングストーリーは、これにて中締めです。この秋、秦勝寺の苔の緑に映えるお姿、拝見できるかな。楽しみです。

Sunday,26 July 2015

いずさま、お納め

P1160026.JPG

さあ、湯のしから帰ってきましたよ。お納めです。

P1160033.JPG

糸見本を作りました。緯糸17種類、経糸8種類です。砂糖菓子みたいでしょ。

P1160042.JPG

お手紙も書きました。今回、いずさまのお着物を織らせていただいて、ほんとーーーに、勉強になりました。着物のことのみならず、お茶のこと、お客様のお気持ち、作り手同士の繋がり、求めればつながれて、アドバイスもらえ、助けてもらえる。次は私が助けるよ。そうなれるよう、力つけるよ。

仕事が私を育ててくれる。ありがたい、ありがたい、only only でした。着物のアップやタイトルは次に載せますね。

Monday,20 July 2015

湯通しと伸子張り

P1150785.JPG

いずさまの着尺、仕上げてます。

気持ちよさそうに、お風呂に入ってます。糸が、座繰り糸と真綿糸で、毛羽立つタイプでしたので、糊、強めなんです。さっぱり落としてしまいますよ〜。

P1150790.JPG

湯通しが終われば、伸子張りです。着尺は、長ーいですので、我が仕事場で張るには、1回Uターンするんです。着物は約13mですので、1辺13m以上の部屋なら、ターンしなくていいんですけどね。

P1150801.JPG

Uターンには、ステンレスのポールを使ってます。便利です。

P1150820.JPG

ぬれた状態だったのが、だんだん乾いて、表情かわってきます。
完全に乾かない前に、伸子は取ります。跡がつくからね。カラカラにする必要もないのよ。これから湯のしだしね。

Saturday,18 July 2015

できた!

P1150740.JPG

織り上がったよ、いずさまの only only!

P1150748.JPG

生まれたてほやほや。湯気でそうね。

これは、まだ機にくっついているところ。女巻き(めまき)の方を外して、巻いてある布をカラカラと出したところ。

P1150769.JPG

切れた糸などを処理して(たくさんあったよ〜)、屏風だたみにしたところ。

さあ、仕上げるよ。


Wednesday,15 July 2015

いずさま、すすんでます。4

P1150581.JPG

いずさまの only only、佳境です。

織ってる裏はこんな風になってます。伸子を張って、織り幅を整え、織りやすくしてます。この伸子、すっごくいいよ〜。影山工房さんから分けていただきました。私は、織り裏派なんです。

P1150573.JPG

この写真は数日前。

P1150724.JPG

この写真は、今、現在。太巻きになったのがお分かりいただけますでしょうか?

もうすぐ!

Monday,13 July 2015

いずさま、進んでます。3

P1150690.JPG

いずさまの only only、織機に上がっている姿、なかなかいいね。カッコいいじゃん。

経糸、白すぎたかと思ったこともあったけど、こうして見ると、うっすらピンクね。そうしたいと願って、そう仕事した結果が出てる。当たり前だけど、よかった。

P1150713.JPG

よく言われることだけど、「織りの仕事は織機に上げるまでが9割。織るのは仕上げ。」それに異存はないけど、その1割がヘビーなのよ。気力と体力とバランス感覚を保つのに必死。

ふらふらよーん。

P1150716.JPG

これをやり切ったときに、泉鏡花の世界に対面できると信じて。

がんばりまーす!

Sunday,12 July 2015

いずさま、すすんでます。2

P1150628.JPG

いずさまの、only only、進んできましたよ。これは、2分メガネで覗いたところ。

P1150639.JPG

2分メガネって、鯨尺の2分(=7.56mm)に、緯糸が何本打ち込まれたか、確認する道具です。一日に数度、これを覗いて、本数を数えます。

均整とれた、安定した織物にするために。糸の太い細いは、もちろんあるので、まったく一緒じゃないけど、ある一定の枠から外れないように。

P1150630.JPG

ちょっとひくとこんな感じ。

P1150650.JPG

全体像はこんな感じ。

P1150682.JPG

この右側に写ってるやつ。ちっちゃいのよ〜。左はもう少々広範囲を見るためのもの。

さあ、今日もがんばりましょう!

Friday,10 July 2015

いずさま、すすんでます。

P1150605.JPG

いずさまの only only、進んでます。経糸。いい感じです。

P1150588.JPG

経糸は、座繰り糸と、真綿紬糸。この2種を、8種類に染め分けました。

(この写真は、手前がのっぺり写っちゃいましたね。実物はのっぺりじゃぜんぜんないよ。経糸の節は写ってますな〜。けっこう難儀してます。切れて切れて、、)

P1150595.JPG

実は経糸を経てたあと、「もうちょっと染めの違いを際立たせればよかったかもんな」って思いました。ちょっと染め分けがおとなし過ぎたか、、、、目に見えづらいな、、、、と。

P1150598.JPG

でも織りはじめて数日たった今、ああ、このくらいの違いでよかったよ、いい感じのオブラートだって思います。やり過ぎずによかった。やり過ぎ注意。これ大事だなあ〜。

ぱっと見は無地だけど、よく見るといろんな表情が、豊かに豊かにあります。

P1150593.JPG

さあ、もうひとがんばりだよ〜〜

Tuesday, 7 July 2015

いずさま、織ってます。

P1150559.JPG

いずさまの only only、織ってますよ。薄ピンク具合が、絶妙かな。

手前に写ってるテープはガイドです。長さをはかるのと、4つに分けた、色と疎密の、繰り返しを見るためのもの。ガイドの中では、自由に、ランダムに。

P1150570.JPG

本日、七夕ですからね、巻いていきますよ。

動画も撮ったよ。

1  2  3