吉田美保子のsomeoriノート

Thursday, 2 June 2016

15年ぶり。電話のつづき

img030.jpg

「大麻の作務衣が欲しいんだけど、あんた、織ってくれんだろうか?」

うっ。

一瞬つまる私。

えっと、、、、、、大麻の糸を織るんですか?それはやってやれないことはないでしょうけど、、、。私、独立してからは、ほとんど絹ばかり織ってます。麻を織る経験値は、まったく延びておりません。

うーーーん。それでも、、、

すぐに頭に浮かんだのは、大麻の糸のみで織るより、絹か木綿を混ぜた方が、軽くて、しなやかで、着やすい生地が織れるってことだった。

素材をまぜることをグンボウっていうんですけどね、両方の長所を生かせるし、おすすめですよと、こうさまに、お伝えすると、、

「いや、大麻だけがいいんだ。着にくくてもかまへん。」

うーーんんん、、、私としては、はい、それじゃそうしましょう、とは言えません。着やすいってのは、身を包む布を織る身としては、至上命題なのだ。麻が大事ってことかな?

だったら、苧麻(ちょま)は?ラミーと言う扱いやすい麻もあります。大麻よりは軽くて、なじんで、着やすいと思うけど?
その提案にも、こうさまは、

「いや、大麻がいいねん。分厚くて、柔道着みたいなのを思っているのだけど。」

そっか、なーるほど。大麻がキーワードね。

しかし、柔道着、、、、はい、織りますとは即答しかねます。ちょっと調べてみます。

ちなみに織らせていただくとしたら、染めはいかがしましょうか?

「茶色というか、えんじ色というか、、、赤っぽい茶が好きなんだけど、、、」

化学染料でいいですか?その方が、ねらった色を出せますけど。

「いや、せっかくだから、草木染めで。」

ああ、やっぱり、、、、、。
植物繊維は草木染め、大変なんです。染まりにくいので下準備と染め重ねが、、、、、、。

とにかく、調べますから、時間をくださいとお願いし、その日は電話を切りました。


Wednesday, 1 June 2016

こうさま、スタート

img031.jpg

さあ、新たなonly only のはじまりです。今回の主人公を「こうさま」とお呼びさせていただきましょう。こうさま、男性です。

こうさまとの、出会いというか、再会なのですが、、、正しくはお会いしてはいないのですが、、、それは、今から、ちょうど1年前の、2015年5月31日、日曜日の夕方のことでした。

我が家の固定電話がなりました。

うちの電話がなるというのは、けっこうめずらしいことです。最近は、友だちも、お取り引き先さまも、携帯に電話くださいます。名刺には、固定電話の番号を載せてますが、サイトや年賀状などには載せてないので、商売上もあまり使っているとは言えません。
ですから、うちの固定電話に掛かってくるのは、営業目的か、はたまた間違い電話が多いのです。どうもどこかの工務店さんと番号、酷似しているようなのです。

電話を取った第一声の「もしもし」という声が男性でしたので、私はすっかり工務店さんへの間違い電話と思い込みました。次の言葉を待って、「お掛け間違いですよ」と言う気まんまんでした。それが、

「あー、ヨシダさんですか?私、もう15年ほど前になりますけど、大麻ののれんを織ってもらった、〇〇の〇〇です。」

!!!!!

一瞬声を失います。うっっわーー、心底ビックリです。走馬灯とはこのことか。いろんな思い出が駆け巡ります。15年前ってまだ勤めながら機織りしていた頃のことです。

あの時もビックリしたな。出張中に出会った私にいきなりご注文を下さった。条件は素材が「大麻」ってことと、大きさだけだった。とにかく、誠心誠意、織ったなあ。ビクビクしながらお納めしたら、すぐに、ヒノキのまな板贈ってくださった。そのまな板、いまでも愛用しています。

それから、こうさまとは、年賀状だけのお付き合いとなった。毎年、宛名面に、私の住所氏名をものすごい丁寧な達筆で書いて下さる。裏は印刷で、毎年同じ。他には何も書いてない。
10年くらい前、年末押し詰まってから、喪中ハガキが届いた。私はすでに年賀状を出してしまっていたから、重ねてお悔やみのハガキを書いた。そうしたら、明けてから、そのお礼ハガキを下さった。心が通い合ったような気がしてうれしかった。なんか、よく覚えてる。

そのこうさまが、今回は、こうおっしゃいます。

「大麻の作務衣が欲しいんだけど、あんた、織ってくれんだろうか?」


Thursday,26 May 2016

「夕方5時の私の空、2016年3月5日」

P1160836.JPG

かずさまの、only only、できました!かずさまには、昨日、無事にお納めしましたので、こちらでもご紹介させてください。

P1160877.JPG

お着物の名前を「夕方5時の私の空、2016年3月5日」と名付けさせていただきました。ちょっと長いけど、決定打のフレーズなのよね。

DSC_2100.JPG

3月5日に、かずさまから、「夕方5時の頃の空をふと見上げて、春の夕暮れの色、あんな感じがいいかな、とか思っています。曖昧すぎるかしら」というメールをいただいて、このお着物に息が吹き込まれました。ピントが合って、動き出した感じです。

P1160849.JPG

その日から、空を見上げる日々が続きました。空の写真もたくさん撮りました。それはね、すべて終わった今もです。つい見上げちゃうんだよなあ。

P1160863.JPG

見上げながら、いろんな気付きがありました。春浅い夕方の空は、ごくごく薄いグレーなんだけど、案外青みもあって、薄いピンクもまじっています。暮れ方の優しい色。清々しい感じもする。かずさまらしいなって思いました。

P1160854.JPG

実はね、昨日、かずさま、我が家までお越しくださって、3丈4尺、だーっと広げて観ていただいた時のひとこと。

「私が見た空の色より、私らしい色だわ」

わ、感激。

P1160851.JPG

このお着物は、かずさまがご自分で、作って、染められた糸が織り込んであることもキモのひとつ。

上の写真の真ん中辺り、ずり出しでとった糸が入ってます。だいだい色です。桜のアルミ媒染。色のトーンは違うけど、なじんだよね。藍の生葉染めの糸は、細い糸ですので目につきにくいけど、たくさん入ってます。溶けこんでる感じね。

織りはじめのところには、かずさまが、試し織りされた部分もくっついてます。まさに、かずさまと私、二人三脚で作った着物です。

P1160846.JPG

かずさまにとって、この春は、長年のお勤めを退職されたまさに節目の季節。これから、新しい世界を切り開かれる起点でもあります。その記念のお着物を織らせていただいたことは、私にとってもかけがえのない喜びでした。

P1160848.JPG

もうひとつ、とても大きなこと、起こりました。このお着物を織りはじめた4月14日、郷里熊本で、大きな地震が発生しました。遠くに住む私も大きな不安におそわれました。

DSC_2133.JPG

そんな中、私はこのお着物を織ることに没頭することで、支えられました。心を強く持って、できるだけのことをできたのは、かずさまとこのお着物のおかげと感謝しています。

DSC_2118.JPG

このお着物は、春の夕方のように、穏やかで静かなイメージです。かずさまのこれからの人生を、静かに輝かせてくれるものと信じております。

P1160934.JPG

使った糸の見本です。18種類の緯糸と経糸。指差ししているのが、かずさまが自分で染めた糸のうちでも、特にたくさん使った糸。

IMG_8562.JPG

お手紙を添えて、門出です。たっしゃでな。

*かずさまストーリーはこれにて中締めです。ブログを読んでくださっている方、お付き合いありがとうございました。いつか、着姿、拝見したいねー。

Wednesday,18 May 2016

かずさま、4回目のミーティング

IMG_8093.JPG

ブログ、なかなか追いつきませんが、ゴールデンウィーク終盤の5月6日、かずさま、4回目のミーティングに、我が家にお越しくださいました。実は、このミーティング、もともとは、4月26日に決まっていたのだけど、私が熊本に手伝いに帰ったため、延期してくださっていたのでした。

ミーティングと言っても、話し合うことはすでにありません。全て、決まってますのでね。かずさまは、ご自分で染めた糸をせっせと巻いてくださいます。私は、もくもくと織りつづけます。シーンとした中、それぞれの仕事の音しかしない、静かないい時間です。

あ、念のため。only only でご注文いただいた方、みなさまに、このかずさまのように、何回も我が家にお越しいただいている訳ではありません。遠方の方、忙しくて時間の取りにくい方、任せっきりの方がここちよい方、それぞれですので、お一人、お一人、その方のご都合やご希望に合わせます。これぞ、only only なのです。それに、会わなくても、メールや手紙で充分機能すると思っています。

かずさまの場合はね、退職されたばかりで、時間も作りやすいし、加えて、ご自分で染めた糸を織り込むってのが、大事なミッションとなったので、その糸を巻いていただいたと言うわけです。

思い起こせば、ちょうど一年前のゴールデンウィークに、かずさま、我が家にお越しくださって、今回のonly only のお話は始まったのでした。1年か〜。順調な方かな???

もし、only only に興味お持ちの方、お気軽にお問い合わせください。「まだ考え中だけど」な方もどうぞ、どうぞ。まずはお問い合わせをこちらから!→   

Sunday,15 May 2016

かずさま、織ってます。

IMG_7915.JPG

かずさまのonly only、進んでいます。織っているところを動画にとりましたので下に貼付けます。こうして見ると、客観的に見れますね。私、けっこう必死に織ってますねえ、、、、。もう少し楽に織った方がいいと思うのだけど、力の抜き方がわかりません。

もしアドバイスいただける方、おられましたら、ぜひお願いします。よろしくお願いします。(アドバイスはこちらから→

目標は、優しく強く、柔らかに丈夫に。

1分くらいです。見てね〜。

Friday,13 May 2016

たんたんと。

IMG_8287.JPG

本番を織りはじめた正にその日、その夜に、熊本の大震災がおきました。ビックリと言うのが本音でした。幸い電話が通じ、みんな無事だと、、、。まずはよかった。心配しつつも楽観視してました。

しかし、一日たって、本震です。うちの家族は無事と連絡ついたけど、だからと言って、、、、。千々に乱れる心をおさえつつ、今の私にできることはただひとつ。真摯に織機に向かうこと。

先がまったく見通せない苦しい時期、目の前にかずさまのonly only があったことは、本当に、大きな大きな救いでした。しっかり向き合う仕事があること。たんたんと、たんたんと。

かずさま自身も、長年、たんたんと、たんたんと、真摯に仕事に取り組んで来られた方です。(仕事されてるお姿は見たことないけど、分かります。そんな人なんです。かずさまが居れば大丈夫って、仕事仲間の方も思ってられたことでしょう。)

取り組んでいるかずさまのonly only が、帯や絵羽のお着物などではなく、無地っぽい着尺というのも、ありがたかったです。帯や絵羽だと、どうしても「見せ場」があるので、そこに向けて、緩急をつけ、戦略を練り、虎視眈々と手筈を整えます。しかし、着尺は、3丈4尺、たんたんと行けるのです。

たんたんと、たんたんと、織り続けました。

Wednesday,11 May 2016

織りはじめ。そうしたら、、、

IMG_8217.JPG

かずさまのお着物、緯糸、結局18種類の糸を使うことにしました。18丁杼です。

かずさまのご希望が、「無地っぽいのがよい」「色や糸に遊びがあってよい」とありますので、それにどうお応えするか、、、と試行錯誤し、結局この糸数になりました。杼を持ち替えるのがたいへんそうだ、、、、思いやられる、、、、、。

(とか言いながら、私、けっこう好きなんです。思い切りたくさんの糸を混ぜて、布を作っていくの。自分の手のなかから生まれ出てくる感じすごくします。)

18丁杼の入れ方はランダムなんだけど、全体のバランスをとるために、ランダムと言っても、本当にランダムではありません。いくつかの決まりごとを作って、それははじめから最後まで貫きます。

緯糸18種類のうち、ガンガン使うのは10種類にしました。あとの8種類は、ここぞという時。1尺に1本とか。2尺に1本とか、そのくらいの頻度です。

IMG_8215.JPG

よしよし、決まったぞ、さあ織るぞと思っていた4月14日の晩、ふるさとで大地震が発生しました。ちょうどラジオをつけていたので、緊急地震速報もリアルタイムでした。は?くまもと?
即、母に電話し、無事を確認したころ、かずさま、メールくださいました。

「吉田さん、九州で大きな地震ありましたけどニュース聞いてますか。」

テレビがない我が家は、ラジオがついてないと、ニュースが入って来ないってことご存知なのです。


Tuesday,10 May 2016

かずさま、3回目のミーティング

IMG_7679.JPG

「まあ、なんて、きれいな色!」

染め揃った緯糸を観たかずさまの第一声です。やった!(3回目のミーティングで我が家にお越しくださった4月13日の話しです。)

糸、かずさまのご希望に添うように、狙いに狙って染めましたが、もし違うようでしたら、納得いくまで染め重ねるつもりでした。

しかしイッパツでクリアです。かずさまのお好みとか、よくよく分かってるつもりだからね。えへん!

P1160805.JPG

かずさまは、早速、ご自分で染めた藍の生葉染めの糸を巻かれます。お着物に真っ白な割烹着ですよ。決まってますねー。

IMG_7835.JPG

私は、緯糸をどういうリズムで織り込んで行くかを最終決定しなければなりません。メインをどのくらい入れるか?半分か?三分の一か?サブの糸は、候補から厳選して、10種類くらいに絞り込みたい。多すぎるとうるさいし、少ないと詰まらない。どうする?

これでどんなお着物になるか、決定しますので、真剣勝負です。

*かずさまのうしろ姿も、すてきでしょ。帯は、拙作、八寸帯「小さくてハッピーな三角たち ロングバーバージョン」

Sunday, 8 May 2016

緯糸を染める

IMG_7647.JPG

さあ、かずさまのonly only、 緯糸やっとメインを染めますよ。染めるのは、この糸。国産の生繭の座繰り糸です。うふふ、いい糸なのよ〜。ふわっふわっ。むっちり弾力があるのです。単衣か胴抜きのお着物にされるので、特にね。丈夫で、張りと弾力があることが必須だと思ってる。

IMG_7672.jpg

めざす色は、ごくごく薄いグレー。それも、思いっきりブルーに振った。かずさま、ブルーがとても似合われますので、青い着物を織る訳ではないけど、ブルーはしっかり仕込みます。

IMG_7688.JPG

そうは言っても、赤の染料も黄色の染料もしっかり入れて、色に深みを持たせます。

IMG_7706.JPG

様子を見ながら慎重に染め重ね。極薄だから、染料の量に特に気を使う。極少量ずつを何回も何回も足して行きます。

IMG_7736.JPG

これはサブで使う糸。試しで使っていた分です。数種類あるのだけど、これもメインに相性いいように、染め重ねます。

ドンドン、ドンドン、染めて行きます。

Saturday, 7 May 2016

かずさま、2回目のミーティング

IMG_7458.JPG

4月2日土曜日、かずさま、我が家にいらっしゃいました。約1年ぶりです。

かずさま、その2日前の3月31日を持って、長年のお勤めを定年退職なさいました。退職したらお会いして、一気に詰めましょうというお話はしていたのだけど、わずか2日後です。

「昨日でもいいかなって思ったのだけど、職場から引き継ぎでの不明点とか、電話が入るかもって思ってね。ほら、今日なら土曜だから向こうも休みでしょ。」とおっしゃるかずさま。うーん、かずさまらしい、、、、この責任感。すばらしい。職業人として100%信頼できる。見習わなくては、、、。お応えせねば、、、。

早速、試し織りを3種、みていただく。かずさま、パッとお顔が明るくなる。「あら、すてき。こんな感じでお願いします。」

ちょっとガクッとくる私。どう攻略しようかと思ってたのに。

しかし、実際にはまだまだ詰まってはいないんです。メインの糸、これから染めるし。私としては方向性を確固としたいのです。

かずさまに、私の織機に乗って、自由に織ってもらいました。私が織っていた試し織り第3段に続けるような感じで。かずさま、長いこと織りを習われていて、着尺も織ったことあるそうなんです。しばらく会話もなく、それぞれが仕事に没頭する時間となりました。かずさま、いい感じで、織りを楽しまれたと思います。

織った中で、この色が好きだ、とおっしゃられた糸がありました。真綿紬の薄いブルーグレーに染めた糸。

そうですか、それでは、メインの糸はその色を目標に染めましょう。

*写真は糸巻きをするかずさま。糸は、ご自分で染めた糸です。綛が乱れてて巻きにくいけど、巻いていると頭が空っぽになって、無我の境地になれます。

前の10件4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14