ONLY ONLY
なんでもご相談コース

|価格| ¥ (税込) |品番|  o-o-o

こちらでは、きもの、帯以外の、完全注文制作 ONLY ONLY を、「なんでも相談コース」として、ご紹介をします。

私は今まで、ご注文をいただいて、それに応える形で、ショール、タブロー、服地や作務衣にする布、のれん、間仕切り、袋物(コラボ作品)などを作ってきました。

ご注文いただいた時のことを思い出すと、皆さん、「こんなことを言い出すのは、ちょっとためらわれるような気がするけれど、ずーっと欲しいなと思い描いてきたし、ここは思い切って、ヨシダに聞いてみよう」って感じでした。

そういうご相談を受けて、私は毎回、とてもうれしい気持ちになりました。秘めていた胸の内を打ち明けてくださったのですから。
と同時に、ドキッとします。自分でも思っても見なかった新たな扉を開けることになるのですから。

実際問題、毎度てんやわんやします。きものや帯を作るときのような、いつもの方法論は使えません。
でも面白い。私、チャレンジが好きです。きっとご満足いただけるレベルまで持って行きますし、それ以上をねらいます。

もし、「こんなものが欲しいんだけど」っていうものがあったら、深く考えず、お気軽におたずねください。できないものもあります。その時は、できる人を知っていたら紹介します。私にできるものだったら、一緒に扉を開けて行きましょう。

この「ONLY ONLY なんでもご相談コース」を、さらに「ショールなど」「タブローなど」「布地など」「袋物などのコラボレーション」の4つに分けて説明いたします。

 

 

ショールなど

ショールやマフラー類のONLY ONLY は比較的作りやすいです。

色、風合い、大きさ、デザイン、どんなシチュエーションで使うか、、、きものに合わせるか、洋服に合わせるか、またその両方か、、、

どんなショールをお望みか、何でもおっしゃってください。一緒に考えましょう。

お値段は、大判のもので、54,000円(税込)からです。小さくなればお安くはなりますが、実は手間はあまり変わらず、それなりのお値段になります。

一つ、ショール類をお作りする上で、知っておいていただきたいことがあります。
それは、仕事としての機織りでは、ショールを一枚のみ作ることはできないってことです。

説明いたしますと、織物というのは、まずタテ糸を準備します。そのタテ糸の長さ分の布地を織るのです。ショール1枚織るのだからと言って、1枚分のタテ糸を準備するのは、あまりにも非効率で、出来ません。ヨコ糸は変えますが、どこか印象は似てきます。はっきりしたタテ縞の時は特に。
同じタテ糸のショールが、この世に何枚か存在するってことも、楽しく思っていただければ幸いです。

 

 

タブローなど

タブロー(織り布を使った額)もONLY ONLY で、あなたのために作ります。上の写真は、「こずさま」のためにお作りしたタブローです。

タブローをお部屋や仕事場に飾っていただくとしたら、きものやショールより、かえって身近かもしれません。毎日目にしますものね。

だとしたら、、、だからこそ、、、ぜひ、ONLY ONLY でご注文ください。

「こういう雰囲気で」というご注文はもちろん、「こういう気持ちを込めたい」などのご注文でもオッケーです。

それから、額の大きさや、飾り方も大事ですね。
額の大きさは、お部屋とのバランスで決まります。お部屋事情で、壁にクギをさせないところも多いです。その場合は、軽い額で作って、吊るタイプでもいいですね。置いて飾るタイプの額もステキです。

ONLY ONLY のタブローは、ご自宅にはもちろん、オフィス、お店、またご進物にもお使いください。先様のことを詳しく教えて下されば、あなたの気持ちも乗せて、ぴったりなものを想像して作ります。サプライズなプレゼントになることでしょう。

お値段は、大きさや、作り込み具合によりさまざまです。ご予算を伺って、合わせて作ることもできます。

 

 

布地など

布地のご注文もさまざまいただいてきました。

昨今、印象的だった仕事は、大麻の糸のみを使って、作務衣にする布を織るというものでした。ブログでは「こうさま」とお呼びさせていただきました。→。こうさまは、大麻に対する強い思いをお持ちで、私も大麻について、一から勉強し直して臨みました。

やり取りをする中で、こうさまが、「これから私が一生着るものだから」っておっしゃったのが忘れられません。

他にも、上着を作るきもの地のような布地が欲しいとか、のれんや間仕切りを作って欲しいなどの、ご注文を受けてきました。
私の扱う素材は、絹がメインですが、それ以外の素材でも、あまり特別なものは無理ですが、できることはお受けします。

お値段もさまざまですが、もし服地の場合は、きものの値段と同じくらいと思っていただければと思います。長さや技法によって変わります。ちなみに、きものは13mで、432,000円からです。
素材が麻や木綿やウールだとお安くなることはありません。手織りに適する麻糸などは高価ですし、絹糸の方が扱いやすいからです。

 

 

袋物などのコラボレーション

具体例のお話をします。

ある日、旧知の「わださま」からお手紙がきて、「ヨシダが織った布で合財袋が欲しいのだけど」とおっしゃいます。その上、イメージは、アメリカの画家「アーシル・ゴーキー」。
さあ、困った。布は作れても、仕立てるのは全く別の技術とセンスがいるのです。私はすぐに、親しくさせてもらってる、高級婦人帽子作家の善林英恵さんに、協力を依頼しました。

善林さんは快く引き受けてくれ、心血を注いだ仕事をしてくれました。その結果、わださまのイメージにぴったりの合財袋でき、とてもご満足いただけました。(上の写真)

善林英恵さんとは、以前にも、竹手さげなどもコラボで作っていて、その完成度に舌を巻いていたのですが、この時の ONLY ONLY で、お客様のご希望にいかに的確にお応えするかという点でも、脱帽しました。

下の写真が、コラボで作った竹手さげです。竹かごの制作は、吉田佳道さんです。

もしこのように、ヨシダの布で、袋物など、仕立てたものが欲しいという方も、ご相談ください。一人ではできませんが、お応えできるように最善を尽くします。

善林さんとは、2017年秋以降、コラボレーションで、手織り鞄を作っていくことになりました。今の所、オリジナルの some ori crossing として2種類制作しています。(善吉・手織り鞄/大きくてヨコなが小さくてタテなが
色やデザインなど、あなたのご希望で ONLY ONLY でお作りいたします。

お値段など、お気軽におたずねください。


他にも、例えば、帯を ONLY ONLY でご注文いただき、布地を長めに織っておいて、お揃いで袋物を作るということもできます。合財袋でも、トートバッグでも。あなたのアイディアで何でも。楽しみが広がりますね。

上の写真は、ヨシダの私物です。帯とお揃いです。

ご相談、お待ちしております。→

 

品番 o-o-o
商品名 ONLY ONLY
なんでもご相談コース
注意事項 価格は、どんなものをお望みか詳しく伺ってからお見積もりいたします。
価格が、10万円以上の場合は、デザインが決まった時点で、振込みか現金にて、半金を申し受けます。納品時に残りの半金をお願いします。
10万円以下の場合は、納品時に全額のお支払いをお願いします。
なお、デザインが確定した後は、ご注文のキャンセルをお受けできませんので、ご了承ください。