善吉・手織り鞄
大きくてヨコなが
グリーン&イエロー

|価格| ¥ 38,880 (税込) |品番|  T-7-7

*(追記)2017/11、持ち手の改造をしました。ヌメ革を二つ折りにして、ステッチを掛けました。手になじんで持ちやすくなりました。写真は、改造前に撮ったものと、改造後に撮り直したものが混在しています。

「善吉・手織り鞄、大きくてヨコなが、グリーン&イエロー」です。持ち手はヌメ革で、軽快な感じです。荷物がたっぷり入るのに、軽い、手織り鞄です。

上の写真は、ひっくり返して持ったところ。ひじにかけても、手に持っても、いい感じです。持った時のバランスもいいね。

アップで。(上の写真、持ち手改造前)

布、向かって左側は、綾織りです。ヨコ糸が3倍見える織り方です。ヨコ糸はキビソ糸(繭の外側から取った糸。蚕がはじめに吐く糸で、外敵から身を守る役目をする)を多用しています。

右は平織りの布で、ブラッシングカラーズでタテ糸を染めています。こちら、ご注文で制作した素敵な某帯の試し織りです。試し織りならではの、自由闊達さが出ていますね。鞄となって、命が吹き込まれました。

逆側のアップ。(上の写真、持ち手改造前)

なお、写真は、iPhone7と、オートフォーカス一眼レフのカメラで撮っています。加工は少々明るくする程度で、色をいじったりはしていません。カメラによって、光によって、違うものだと実感しています。私のパソコンで見る限り、上の写真が一番実物に近いです。

マチは14cm。底板が入って、しっかりしています。

ヨコのバランスはこんな感じ。(上の写真、持ち手改造前)

側面のアップ。

持ち手は、素材はヌメ革で、幅5.5cm です。ヌメ革を二つ折りにして、ステッチをかけました。

平置きしました。大きさは、最大幅52cm 底部分の幅42cm 高さ27cmです。

逆側。

重さは、482gです。

これ、とっても軽いんですよ。軽いってどのくらい? そうだ、私の個人の持ち物と測って比べてみよう!

私の重くて使わなくった手提げ型の革のバッグは、908g。
愛用しているリュックサックが、756g。
革のショルダーバッグが、558g。
ナイロンの手提げが、350g。

うむ。なるほど。確かに軽いね。これなら、持って歩いて疲れないね。

入る量は、リュックサックと同じくらいなので、持ち物が多く、おしゃれな、軽い布の鞄をお探しの方、ぜひご検討ください。

持ち手。

持ち手を内側から。

裏地は、綿麻の丈夫な布です。内ポケットがひとつついています。鍵などをジョイントできるタブリングもついています。(上の写真、持ち手改造前)

荷物は上の写真は、ちょっと遠慮気味に撮りましたので、これ以上たっぷり入ります。大判のショールやカーディガンなど、ばさっと入ります。これからのお出かけにちょうどいいです。(上の写真、持ち手改造前)

 

・鞄の大きさが、もうちょっと大きかったら、小さかったら、色がもう少しこうだったら、、、って思ってくださった方もおいででしょう。はい!お作りします。ONLY ONLY としてうけたまわります。新しく布を織って作ることも可能です。または、小さな布をたくさんはぎ合わせ、パッチワークで作っても素敵だと思います。作業量によって、お値段は変わってきますので、お見積りいたします。お気軽にお問い合わせください

・善林さんとのコラボレーション作品の売上の10%は、プールしておいて、災害支援金として、寄付させていただきたいと思っています。

とてつもない自然災害がおこった時に、行政や大きな団体の手の届かないところに、自前で駆けつけるNPO の方々がいらっしゃいます。そんな方々に、自分たちができることは何かと考えました。寄付先は善林さんと協議の上決めて、金額と共に、ここに発表します。

社会参加の仕方を模索しています。ご理解いただければ、うれしいです。

品番 T-7-7
商品名 善吉・手織り鞄
大きくてヨコなが
グリーン&イエロー
素材 手織りの布(ほとんどが絹。一部、麻糸)、牛革(ヌメ革)、綿麻布(裏地)
染料 酸性染料
大きさ 最大幅52cm 底部分の幅42cm マチ14cm 高さ27cm 持ち手の長さ46cm 持ち手の幅5.5cm 
重さ 482g
価格 ¥38,880(税込)
注意事項 お洗濯はできません。長くご使用いただいて、傷みがでた場合は、実費にて、修理いたしますので、ご連絡ください。