吉田美保子の some ori ノート

織ってます。

2017.11.17

ONLY ONLY 睦月さまの帯の制作、織りはじめましたよ。ここまで、いくと織るだけですね。

全面を綾織りで、織っていきます。

タテ糸は光沢がある絹糸で、ヨコ糸はマットなキビソ糸です。睦月さまは、ヨコ糸が見える方を表とされますので、光沢がなく、一見すると、絹とは思えないです。おしゃれな睦月さまならではの選択です。絹っていろんな表情が出せて、本当に面白い素材です。

上の写真の、白いテープをつけている方が表です。その下の段に見えているのが裏ですよ。

末長く可愛がっていただけますよう、しっかり織っていきます。

本番のブラッシングカラーズ

2017.11.16

睦月さまのONLY ONLY 、さあいよいよ本番です。すでに何回も色の調合を試してきましたが、ささ、もう一度。これで最終章。今ままでのデータを踏まえて、新たに調合し直します。

で、えいやっと本番。睦月さまは、試し織りより、色がはっきり見えた方がいいとのご希望でしたので、太めの刷毛を選びます。

納得いくまで、ブラッシングを続けます。

赤いショール

2017.11.15

赤いショールを作りましたよ。冬も間近。そろそろ季節ですものね。早速通販サイト《 some ori マーケット 》にお披露目しました。よかったらぜひご覧下さい。

上の写真は、「赤いショール、茶色の細糸ぞえ」です。シックな感じよ。これ、11月のスポットライトです。

こちらは、「赤いショール、素朴な感じ」。あえて一色。素朴な真綿紬糸のよさ、お伝えできますように。

こちらは小さいタイプ。「赤いプチマフラー」です。

寒くなってきましたね。首元に赤を取り込んで、パッと明るく、元気で過ごしましょうね。

3回目のお返事と4回目の試し織り

2017.11.15

ONLY ONLY 睦月さまの帯の制作、1枚目、2枚目、3枚目の試し織りをお送りしたところまで、話は進んでいましたね。

見比べていただき、お返事いただきました。

「色は1枚目が好き」
「1枚目のヨコ糸が見える面をもう少しはっきりした色にする」
「茶系、紺系ももう少しはっきり」
「ヨコ糸は和紙糸でなくキビソ糸に」

了解です!これでクリアになりました。よかった。腑に落ちた。ちょっと回り道したけど、合意できてよかったです。これで、清々しく取り組めます。

それで、早速、染料を調合し直し、4枚目の試し織りをしました。そのアップが上の写真。睦月さまにお見せすると、「好きな色合いです。これでお願いします。」とうれしいお返事が。それでは、いそいそと本番に移ります。

メガネを買った

2017.11.15

今日は、めちゃくちゃ面白かったです。

夕方、友達と待ち合わせていたのですが、「何か買い物でもないの?あれば付き合うよ」と言ってくれるので、ついつい「メガネ」と言ったら、高い店、安い店、イマドキの店、などなどフルコースで付き合ってくれ、下見のつもりがついつい、、、、。

そのエスコートが、とっても素晴らしかったのです。彼女が、売り場ですっと手にするメガネが私に似合う不思議。一瞬でわかる人っているのね。天賦の才能だね。

直感もすごいけど、ちゃんと諸事情も考慮してのアドバイス。こういう風に使うだろうからこのタイプが便利とか、見た目があまり大人しすぎるの違うよねとか、おサイフ事情ももちろん大事よねとか、、、、

うーん、ステキ。メガネだけでなく、洋服も、インテリアも、生き方も相談に乗って欲しいよ。

って、そのあとの、めちゃくちゃ美味しい中華を食べながらそんな相談にものっていただきましたがね。頼りになるは、よき友人。フリンジの福永麻子さんです。いろいろ仕掛けそうで、目が話せない人です。

上の写真は検眼用のメガネですよ。買ったのは、ほっそりした金縁フレームですからね。

後ろ姿はこんな。このあと、ビールと焼酎+中華で上機嫌。

2通目のメルマガ

2017.11.12

本日、2通目のメルマガ《 some ori 通信 》を配信いたしましたが、ご登録のみなさま、届きましたか?予約配信で、いっぺんにメールするって、ドキドキしますね。ミスがないか心配ですが、大丈夫だったかな?

今回の《 some ori 通信 》の目次は、「1. 思うこと」「2. お知らせ」「3. おさそい」です。

「1. 思うこと」は、通販サイトを立ち上げての実感。半年間悩んでいたのが、氷解した話。

「2. お知らせ」は、12月初頭の横浜元町のじざいやさんでの展示会のこと。

「3. おさそい」は、ひょんなことからいただいた、寄席の招待券のおすそ分け企画です。

メルマガは、肩の力を抜いて、まっすぐに、無防備に書くということを是としていこうと思っています。よかったら、ぜひご登録ください。この号から配信しますよ。

きもので、善吉・手織り鞄

2017.11.10

長平庵で行われた着付け講座で、実は私、一つお願い事をしていました。それは、コラボで作っている手織り鞄を、皆さん、手に持ってみてくださいってこと。

この鞄、「きものにも合う」というコンセプトで作っているのです。しかし、今まで一度もきもの姿で手に持ったことがない、これではいかんと思っていたところにこのチャンス。皆さん快くご協力くださいました。

上の写真は、小林布未子先生。「大きくてヨコなが、シックなブラウン」を持ってくださってます。あらま、お似合い!

朋百香さんは、「大きくてヨコなが、グリーン&イエロー」。

岡田知子さんも同じく「大きくてヨコなが、グリーン&イエロー」。もう一つの面を出してくださってます。

神奈川絵美さんは、「小さくてタテなが、いろんな色」。絵美さん、お花が咲いたような笑顔。

岡田知子さん。「小さくてタテなが、いろんな色」のもう一つの面です。小さくてタテなが、バランスばっちりね!

岡田知子さん。「小さくてタテなが、あざやかイエロー」。キュートなお写真。

これは私。「小さくてタテなが、ミドリ唐草」を手にしています。

お写真は以上です。モデルのみなさん、おかげでいい紹介ができました。どうもありがとうございました!

*オリジナルで作っているのは、今のところ、上の2タイプですが、ONLY ONLY でご注文いただければ、あなたのお好きな大きさでお作りします。色も形も、ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。現在、おふたり、進行中。もうちょっとしたら、ブログでもご紹介できると思います。お楽しみに。

小林布未子先生の着付け

2017.11.10

ファンキーで超カッコいい小林布未子先生に、着付けを教えていただくチャンスをいただきました。やった!小林先生、雑誌などあちこちで拝見し、その自由で独自のきもの感にあこがれてました。

上の写真が、小林先生。紐に滑り止めをつけて、ずれないようにするのです。ほお。ほお。

小林先生、「自分がどう着たいか、自分の意思で、自分流で着れば良い」「大事にするのは、自分のありよう、意識のありよう、内臓のありよう、骨のありよう」と。

で、それを押さえれば、小さいことは決めなくて、その場で感覚でやると。美意識の問題だから。決めすぎるとつまらなくなる。

うーん、さすが!

合わせて、細かいところまでの気配りも相当です。市販の帯板は狭すぎてダメとか。手先にも厚紙を入れるとか。帯揚げにティッシュをくるんでふっくらさせるとか。一ランク上の、自分がそうありたい着姿になるためには、努力は欠かせないと。

写真にはちょうど写ってないけど、先生、ネイルがとても綺麗で品が良くて素敵だったのだけど、マニュキュア100均のですって。で、マニュキュアが大事なんじゃなくて、その前の段階で爪を磨くのが大事って。まずは土台。さすがー。

ご一緒した方々。上の写真は画家の朋百香さん。この日のことはこちらのブログに。

イラストレーターの岡田知子さんこちらご注目のほど。

ライターで、人気きものブロガーの神奈川絵美さん。最高の笑顔が撮れました。この日の記事はまずはこちら。続編も楽しみ!

これは私。衿の角度がね、このくらいがいいんじゃないのってアドバイスいただく。鋭角すぎず、コケティッシュな感じが出るって。ほお。うん、いいかも。問題は一人でできるかってことだけど。

座学もしっかり。ぐいぐい引き込まれます。小林先生、お話も面白い。

おまけ画像。帯締め、にっこりマークなのだよ。うふっ。

睦月さま、3回目の試し織り

2017.11.08

ONLY ONY  睦月さまストーリー、2回目の試し織りをしたところまで話が進んでいましたね。では、その続きを。

はい、その2回目の試し織り、お送りして見ていただきました。

で、メールいただき、試し織りをいろいろお着物に乗せてご覧になったとのこと。これ、ナイスアイディアですね。さすがです。実際の感じがわかりますものね。

で、「もう少し、色が濃くて、色の差があった方がいい」と。そこまでは良かったのだけど、ここで問題発生。写真が添付されていて、「こちらを見ての感想です」と。

えっ?

写真に写っていたのは、タテ糸が見えるツヤがある方。私としては、裏と想定して織った方です。

むむ、、、ちょっと混乱。睦月さまはマットな方をお好みだったはず。どこかで掛け間違ったな。どこだろう???

しかし分かったことは、このままではダメだってこと。核心を掴めてないってこと。では、もう一度試し織りをしましょう。3回目の試し織りをして、具体的な提案をしましょう。一つほどいて、一つ前進さえすればいい。もうちょっとだ。

上の写真、3枚の試し織りが写っています。3枚ともお送りして、見比べていただくことにしました。右に写っているのが新たに織った3回目の試し。1回目と2回目の差をクリアにして、睦月さまのお望みを逃さないように腐心しました。

最近の悩み

2017.11.03

昨年の12月からヨガをはじめて、もうすぐ丸一年。今ではすっかり日常に組み込まれ、平均すると週に3日ほど通っている。我ながらよく続いていると思う。体重も減らないし、体脂肪も減らないけれど、唯一の運動だし、姿勢がよくなった気がするので、よしとしている。

で、何が悩みって、クラスが終わって、スタジオを出るまでの時間が、他の人たちと比べて遅いってこと。

ホットヨガなので、汗びっしょりになる。終わるとシャワーを浴びて、着替えて、身繕いをして、退出する。人によっては、シャンプーしたり、ボディソープで体を洗ったり。お化粧したり。着るのに面倒な服装したり。

私はといえば、シャワーは汗を流すだけ。お化粧しない。簡単普段着。もちろんストキングはいたりもしない。

なのに、すごく遅い。最後から3番目くらい。あとの二人は、念入りに眉毛かいたりしてるタイプの人。

なぜだろうか。

これでも仕事柄、段取りっていうのはいつもすごく考えていて、スタジオからシャワーへの動線とか、着替えをまとめて袋に入れる手順とかまで考えてるのに。。。。。

どうしてかなあ。悩みである。

18:20からのクラスが、19:20に終わって、19:40にスタジオを出て、20:00までのスーパーに寄って、閉店間際で値引きされた肉など買って帰ってきて、ジューッと焼くのが至福のとき。

*写真はヨガには関係ありませんよ〜〜。ショールのタテ糸たち。このページの2枚目からの6枚を整経したときの写真。

カテゴリー